2019/05/06 07:00

怪作、珍作、迷作、凡作、奇作を一挙上映『奇想天外映画祭』

『奇想天外映画祭』は6月8日から
『奇想天外映画祭』は6月8日から
6月8日(土)より、東京・新宿の新宿K’s cinemaにて、『奇想天外映画祭 Bizarre Film Festival Freak and Geek アンダーグラウンドコレクション 2019』が開催される。

この映画祭は、「奇想天外」という名のとおり、映画史にその名を刻む選りすぐりの怪作、珍作、迷作、凡作、奇作を紹介するイベントだ。公開されるのは、インターネット全盛の現在でも、配信やソフト化がほとんどされることのない作品ばかり。映画史上に残る怪作がスクリーンに蘇る。

ラインナップは、本物の見世物芸人が多数登場した『フリークス』をはじめ、ドラッグとアルコールで入院したサナトリウムで体験した世界をシュールな映像で再現した『チャパクア』、“最低映画の金字塔”と称される『プラン9・フロム・アウタースペース』、「殺人トマトが人間を襲う」という“不朽のZ級映画”『アタック・オブ・ザ・キラートマト』、強制的に身体を切り離されたシャム双生児を描いたホラー迷作『バスケット・ケース』、ブラジルの“狂気の映像作家”グラウベル・ローシャの映像解体シンフォニー『大地の時代』ほか、計11本。価値観を揺さぶられる作品に出会える映画祭となっている。

『奇想天外映画祭 Bizarre Film Festival Freak and Geek アンダーグラウンドコレクション 2019』は、2019年6月8日(土)~6月21日(金)まで、新宿K’s cinema(新宿区新宿3-35-13 3F)にて開催。

【関連リンク】
奇想天外映画祭 Bizarre Film Festival

【関連記事】
20世紀SF映画の金字塔『ブレードランナー』はどのように生まれた?
エリートコースを歩んできた者が政治家になると、なぜバカになるのか?
TBSラジオ「珍プレー好プレー大賞」で“レジェンド”と呼ばれる大物アナは?
クルマ愛が激しすぎる安東弘樹アナ 吉田豪と掟ポルシェに語った不滅の大記録

今日の運勢

おひつじ座

全体運

家で好きなことに没頭しよう。ペットと遊べば時間を忘れそう。...もっと見る >