2019/06/26 15:33

ハリウッドで「失敗する」と言われた『X-MEN』が人気シリーズになった訳

しかし、それではなぜ大方の予想に反して、『X-MEN』の映画は成功したのか? 映画化を手がけた20世紀フォックスは90年代前半に『X-MEN』のキッズアニメで成功を収めており、実写版でも基本的には同じ路線を踏襲するつもりでした。主に子供たち(と昔からのコミックスのファン)をターゲットに、個性豊かなさまざまなヒーローが登場するSFエンターテインメント作品として企画していたのです。

しかし監督のブライアン・シンガーは、これだけでは何かが足りないと感じていました。「手本などはなかった。コミックス原作の映画は過去のものとなって久しかったし、コンセプトもキッチュな映画といったものしかなかった」と製作段階のことを振り返っています。

◆ヒーロー自身も孤独なマイノリティという原作

そんなとき彼は、マーベル・コミックスの立役者であり、『X̶MEN』の原作者であるスタン・リーと映画化について話し合う機会がありました。そこでスタン・リーは、「自分自身の解釈でキャラクターを掘り下げればいい」とアドバイス。背中を押されたシンガーはスタジオから渡された最初の脚本を退け、イチから新しく書き直すことにしたそうです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

不安から暴走してしまうかも。自分がダメだと思ったら、親しい...もっと見る >