2019/07/28 07:00

カメオ出演、アナグラム、かつら… 『X-MEN』シリーズトリビア5選

『ケトル VOL.49』(X-MEN特集号 太田出版)
『ケトル VOL.49』(X-MEN特集号 太田出版)
6月に公開された映画『X-MEN:ダーク・フェニックス』は、これまでのシリーズ作品の累計興行収入が数十億ドルという超大ヒット作の最終作。『スパイダーマン』『アイアンマン』『ハルク』『ソー』『アントマン』など、数々のキャラクターを生み出し、“マーベルコミックの神様”とも称されるスタン・リーの作品です。同シリーズは、たくさんの“遊び”も組み込まれていたのは映画ファンには有名なこと。トリビアをいくつか紹介しましょう。

【名前がスタークのアナグラムになっている】

『フューチャー&パスト』に登場する天才科学者のボリバー・トラスク博士は、ミュータントを人類の敵と考え、彼らを撲滅するために「センチネル」という強力なロボットを開発。しかしセンチネルはミュータントだけでなく、彼らを産む可能性がある人類もターゲットにし始め、世界が荒廃する原因になります。

人類を守るための発明が世界の脅威になるという筋書きは皮肉なものですが、これは同じマーベル作品である『アイアンマン』のトニー・スタークが抱えたジレンマ(アメリカを守るために強力な兵器を開発するほど、人々を苦しめるためにも使われてしまう)と似たところがあります。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

何事もハッピー気分で楽しめる一日。ポジティブシンキングでい...もっと見る >