2019/09/29 10:13

『ケトルVOL.50』のテーマは「時効警察」 12年ぶり復活の伝説のドラマを大特集

『ケトルVOL.50』(太田出版)
『ケトルVOL.50』(太田出版)
毎号、1つのテーマを取り上げるワンテーママガジン『ケトル』が、10月16日発売の『ケトルVOL.50』で、特集テーマとして「時効警察」をピックアップ。12年ぶりに復活する伝説のドラマを大特集している。

『時効警察』は、総武警察署の時効管理課に所属する霧山修一朗(オダギリジョー)が、時効になった事件を“趣味で”調べ、真相を突き止めるコメディーミステリー。2006年に放送された第1シリーズが、「ATP賞テレビグランプリ2006」ドラマ部門で最優秀賞を受賞すると、2007年には第2シリーズの『帰ってきた時効警察』が放送され、10月11日から第3シーズン『時効警察はじめました』がスタートする。9月29日の夜9時からは、『時効警察・復活スペシャル』も放送。『時効警察』史上初のゴールデンタイムでの全国放送が実現する。

特集は、主演のオダギリジョー、ヒロインの麻生久美子、新メンバーの吉岡里帆が表紙を飾り、それぞれへのインタビューも掲載。新監督の3人が制作の舞台裏を語っている。さらに、過去作を一気に振り返るほか、撮影こぼれ話も紹介。12年ぶりの『時効警察』の入門決定版となっている。

『ケトルVOL.50』は全国書店、web書店で、2019年10月16(水)発売。定価1000円+税。

【関連リンク】
ケトルVOL.50

【関連記事】
「北の国から」で純が使う「…なわけで」に込められた意図は?
宮本信子が伊丹十三との出会いを回顧「第一印象は”異質”」
実はかなりのダメ人間? 『北の国から』の五郎のアダ名「一発のゴロ」の由来
『LIFE!』加入の吉田羊 「この異物感が10年先も続くカンフル剤になれば」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭を押さえつけられるような気分で、ややユウウツ。いつも通り...もっと見る >