楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/12/16 11:23

「不払い」のDNA 損保ジャパン日本興亜は行政処分前科ありが合併した会社だった 金融庁の監督責任は重大

画像はイメージです
画像はイメージです

11月30日に高速道路で追突事故に遭われた方のツイートで損保ジャパン日本興亜が炎上しています。相手100:0で示談交渉中にもかかわらず、相手方保険会社の損保ジャパン日本興亜から不払いの通告があったというのです。

修理費も買い替え費用も払わない。それ以上を求めたら、弁護士を立てると恫喝されたというのです。ツイートは拡散され、損保ジャパン日本興亜が炎上し、トレンドになりました。

 

関連記事:個人間のカーシェアリングが流行の兆し しかし”こんなこと”が起きてしまったら後悔しても既に遅し | TABLO

2017年に日本初の『ネット炎上対応費用保険』を販売したばかりの損保ジャパン日本興亜。自社の火消しすらできないお粗末が露呈し、火に油を注ぐ事態になっています。「Webリスクモニタリング」サービスでネットのリスクを検知し、炎上が起きた場合の事後対応のコンサルティング、マスコミ対策支援などが炎上保険のサービスに含まれているようですが、自社の炎上をどのように収めるのでしょうか。

「炎上は、今までの不払いの積み重ねが産んだ自業自得でしょう。多くの被害者がここぞとばかり声をあげています。そもそも不払いによる業務停止前歴ある会社が2014年に合併しているのです。2006年に、保険金の支払い漏れ等のため金融庁より業務停止処分が下された損保ジャパン、2007年に同処分の日本興亜損害保険。不払いのDNAが継承され、競い合っているのでしょうか。保険商品は売るために企画されたもので、自社に当てはめることは、想定外でしょう。wikipediaの損保ジャパン日本興亜は、卑猥な言葉に書き換えられる事態も発生しています」

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

運気はやや不安定。いいかげんな人にふりまわされるかも。でも...もっと見る >