2019/03/22 20:02

NGT48山口真帆、運営が記者会見中に怒りの連続ツイートに「戦法がカッコイイ」の声


 NGT48の山口真帆さんが2018年末にファンの男2人から暴行を受けたという告白を行い衝撃が走ったのは今年1月9日。騒動は有耶無耶な状況が続いているため、第三者委員会が調査を行う形となったのだが、該当の第三者委員会報告を受け、AKSが3月22日に開いた記者会見から新たな騒動が勃発することに。

関連記事NGT48・山口真帆騒動の全真相 あの日なにが起きたのか なぜ警察は容疑者を解放したのか | TABLO

 山口真帆さんがこのAKS記者会見中に以下のような発信を行ったため大きな騒動に発展することとなったのだ。


【只今、記者会見を行っている松村匠取締役は第三者委員会が行われる前に「繋がっているメンバーを全員解雇する」と私に約束しました。その為の第三者委員会だと、私も今までずっと耐えてきました。コミュニケーションも何も、このことに関して聞くと連絡が返ってきません。】

【記者会見に出席している3人は、事件が起きてから、保護者説明会、スポンサー、メディア、県と市に、私や警察に事実関係を確認もせずに、私の思い込みのように虚偽の説明をしていました。なんで事件が起きてからも会社の方に傷つけられないといけないんでしょうか。】

【報告書に記載もないのに繋がりには挨拶も含まれるというのは勝手な解釈です。他のファンには公表できないような、特定のファンとの私的交流を繋がりと言うのはメンバーのみならずファンの皆さんも認識していると思います。証拠がないと仰っていますが、犯人グループとの交際を認めたメンバーもいます】(ツイッターより)


 また、山口真帆さんが劇場で行った謝罪とされる文章のメモ

「今回は皆様をお騒がせて申し訳ありません。色々話してスッキリしたこともありますし誤解してたこともあります。これがきっかけになったらと思います。頑張りますのでどうぞ応援よろしくお願いします。」

 を指し、

【なんで嘘ばかりつくんでしょうか。本当に悲しい。松村匠取締役が当初言うように考えた文章です。他のメンバーに謝らせることはできないから、謝るしかなかったけど、スッキリも誤解もしていないし、どうしてもこの言葉は使いたくないと違う文章を考えて何度も交渉しました。】

 としたため様々なコメントが渦巻く形に。

 このツイートは記者会見中に記者が松村匠取締役に見せ、その真意を問い合わせたが松村氏は「私ではありません」と回答するに留まった。


「完全に覚悟決めた人間には 昭和のオッサンの圧力なんて無意味なんだな」
「Twitterの正しい使い方を見た思いだわ。会見中に反撃とかすごすぎるw」
「若い女性への性的搾取を許すな」
「完全にこの会見嘘だとバレてしまって 余計に今回の問題を大きくしたな」
「戦法がかっけー」
「第三者委員会用意して、浅く調査して、運営が甘かった、メンバー不問で再始動! ひでえ筋書きだな」


関連記事この騒動の落としどころは被疑者への民事裁判か NGT48山口真帆さん騒動 「あなた」が守りたいものは何ですか?|吉田豪 | TABLO


 また、山口真帆さんがNGT48のTwitter公式アカウントのフォローを外し、21人いるメンバーのうち8人しかフォローしていないという点も何らかのメッセージや意志の現れなのではとの憶測を招いている。騒動を収束させるための会見で火に油を注ぐ形となってしまった運営側。この落とし所は相当難しい問題となるのではないだろうか。(文◎編集部)



【関連ニュース】

今日の運勢

おひつじ座

全体運

部屋の模様替えをしたり、インテリア雑貨を購入して、生活空間...もっと見る >