2017/06/26 13:00

オードリー若林正恭が訴えた新自由主義的な日本社会への違和感「休みなく働くことが褒められる社会はおかしい...」

 オードリーの若林正恭がラジオ番組で発した、「仕事」と「休み」に関する考え方がいま喝采を浴びている。

 それは、今月11日に放送された『オードリーのオールナイトニッポン』(ニッポン放送)でのこと。番組のオープニングトークで若林は、相方の春日俊彰に向かい、このように語りかけたのであった。

「日本人って、メチャクチャ忙しい人のことをすごく偉いと思ってるじゃない? 『なんか頑張ってるね〜』みたいな。何が偉いんだろうな、あれな。なんで偉いの? 頑張ってたら。合理的に考えたら、休んで一個一個の仕事のパフォーマンスを上げる人が偉いだろ? 休まないで一個一個の仕事のクオリティー落ちたら偉くないだろ、別に。じゃあ、なんで休みなく働いている人が偉いの?」

 労働を過剰に尊び、また、それを強制する日本社会に対して若林が異議申し立てをし始めたのには理由がある。かつて彼ら自身が過重労働に心と身体を壊されそうになった過去があったからだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

身勝手にふるまってしまいそう。しばられたくなくても、場の調...もっと見る >