2017/07/09 20:00

『ゆとりですがなにか』続編が放送...岡田将生も怒った、年長者による不当な「ゆとり世代」差別

 2016年4月クールで放送されていた『ゆとりですがなにか』(日本テレビ)の続編『ゆとりですがなにか 純米吟醸純情編』が、先週から2週連続で放送されており、本日その2週目が放送される。

『ゆとりですがなにか』は、宮藤官九郎が脚本を担当し、彼が初めて挑んだ社会派ドラマ(クドカン本人は「社会ドラマ」と主張)で、ゆとり第一世代にあたる1987年生まれの坂間正和(岡田将生)、山路一豊(松坂桃李)、道上まりぶ(柳楽優弥)の3人を中心に、仕事や結婚などに悩みながら成長していくさまを描く青春偶像劇である。続編となる『純米吟醸純情編』では、三十代に突入した彼らが、出世や出産といった、それまでとはまた違った悩みに直面していく。

『ゆとりですがなにか』の作品テーマの主軸にあるのは、そのタイトル通り、「ゆとり」を口実とした年長者世代による不当なレッテル貼り、そして差別である。作中では、会社の上司などが主人公たちに「これだからゆとりは」などといった心ない言葉を無自覚に叩き付けるシーンなどが登場。劇中のキャラクターたちは、それに怒りを覚えながらも、懸命に日々を生き抜いていく。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

不安から暴走してしまうかも。自分がダメだと思ったら、親しい...もっと見る >