2017/08/06 12:00

元人気AV女優の大塚咲が15 歳で受けたレイプ被害を告白!「私の人格を奪った“性“の正体を知るためAVに」

 先日、性犯罪を厳罰化する刑法改正案が施行された。これにより、強姦罪という名称は「強制性交等罪」に改められ、法定刑の下限が懲役3年から懲役5年に引き上げられた。また、強姦罪や強制わいせつ罪などに問うために必要だった被害者の告訴が不要となり、親告罪ではなくなった。

 性犯罪に関する刑法の改正は約110年ぶりになり、一定の前進を見たと評する声もある一方、被害者団体が撤廃を求めていた罪の成立に「暴行または脅迫」の立証を必要とする項目などはそのままであり、まだまだ議論の余地を残している。

 これに対し、元人気AV女優で現在は写真家や画家として活動する大塚咲は、ウェブサイト「HUFFPOST」のインタビューでこのように答えていた。

「親告罪ではなくなったのはいいことだと思うけど、『5年か』って鼻で笑ってしまいましたよ。身体を傷つけたら厳しい罪に問われるのに、心ってものに対してはずいぶん価値を低く見積もってるなと。レイプは魂の殺人です。だからそれなりに罪を重くしないと。最低5年では、今後も被害者は減らないと思います」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気よく自分をアピールすると、好感度アップ。体育会系のノリ...もっと見る >