2017/08/22 21:56

ローラが所属事務所に契約終了を申し入れ! 奴隷契約トラブルを完全無視するワイドショーは芸能界悪質契約の共犯だ

「週刊文春」(文藝春秋)などの報道で、かねてより契約トラブルが取り沙汰されていたローラと所属事務所・LIBERAとの問題だが、本日22日、この騒動に進展が見られた。

 ローラ側から所属事務所に対し、不当な専属契約で拘束されているとして、契約終了を求める申し入れ書を送付していたことが明らかになったのだ。また、ローラ側はボランティアのために用意した2000万円の使途が不明になっているとも主張しており、この独立に伴う裁判の可能性も示唆する報道もある。

 ローラは今年6月、〈黒い心を持った人とは絶対に一緒にいたくない。〉や〈10年の信頼をかえしてください。でも、もういいの。苦しみを味わっただけ、人は強くなれる。〉といったツイートを投稿。以前よりこの投稿で示唆されている人物は、所属事務所社長の羽布津康史氏なのではないかと噂され、近々こういった展開になるのではないかと予想されていた。

 実際、今月発売の「週刊文春」2017年8月17日・24日合併号で明かされたローラの状況は、「奴隷」と称しても言い過ぎではないほどひどいものだった。プライベートでの交遊関係は徹底した管理下に置かれ、その管理から逃げ出そうとしたら、所属事務所社長は彼女の自宅まで押し掛け、部屋の壁を殴って穴を開けたという。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの持つ感受性が注目される日。作品づくりをしてるなら発...もっと見る >