2017/12/01 21:30

事務所との「奴隷契約」に苦しむローラにバッシング報道が...なぜメディアは芸能プロの味方をするのか?

 かねてより前所属事務所・LIBERAとの間のトラブルを報じられているローラ。

 11月26日、そんな彼女が自身のツイッターアカウントに〈ファンのみなさんへ 今、みんなともっと深く楽しく交流出来る新しい形を準備しているの。発表を楽しみに待っていてください〉との文章を投稿した。その直前にLIBERA運営のファンクラブ「ROLA'S FAN CLUB」が11月いっぱいで一時休止することを発表していることから、それに代わるファンクラブの設立を示唆しているのではないかと見られている。

 不当な契約や、プライベートの交友関係にまでおよぶ理不尽な束縛に苦しんだ彼女がようやくそこから解放されつつあることに安堵する近況報告だが、最近になってそんなローラに対しバッシング報道が相次いでいる。

 そもそも彼女をめぐる騒動は、「週刊文春」(文藝春秋)2017年8月17日・24日合併号で明かされた。記事に綴られたローラの状況は、「奴隷」と称しても言い過ぎではないほどひどいものだった。プライベートでの交遊関係は徹底した管理下に置かれ、その管理から逃げ出そうとすると、今度は所属事務所社長である羽布津康史氏が彼女の自宅まで押し掛け、部屋の壁を殴り穴を開けたという。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

インスピレーションを大切に。理由がなくてもピンときたことに...もっと見る >