2017/12/26 23:29

貴乃花vs八角理事長でマスコミが代理戦争! 貴派はスポニチ、文春、フジ産経、理事長派は読売、朝日、日刊ゲンダイ

 いまだに連日、ワイドショーをにぎわしている日馬富士の暴行事件をめぐる貴乃花親方と八角理事長率いる日本相撲協会の対立劇。もっとも報道の論調は途中から一変してしまった。当初は、相撲協会のリークに乗っかった貴乃花親方バッシングが主流だったのが、いまでは、多くのテレビ、スポーツ紙、週刊誌が白鵬らモンゴル力士バッシング、相撲協会批判に傾き、貴乃花親方擁護の論陣をはるようになってしまったのだ。

 コメンテーターも同様で、相撲協会よりの相撲記者、相撲レポーター以外の出演者はいずれも貴乃花擁護のコメントを連発。たとえば、空気を読むことに長けていると評判の『ひるおび!』コメンテーター・八代英輝弁護士などは事件当初、あれだけ「貴乃花親方の対応に疑問を感じる」と声をあげていたのに、いまでは「貴乃花親方を処分しようとする日本相撲協会はおかしい」と相撲協会批判にまで踏み込むなど、態度を豹変させた。

 ただ、同じ貴乃花擁護派でもその本気度にはかなり温度差があるようだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ちょっとしたユーモアが幸運を招くカギ。まわりの人を笑わせて...もっと見る >