2018/04/17 15:00

AKB48の新曲「Teacher Teacher」が“スクールセクハラ正当化“と批判の声! 秋元康の女性蔑視思想が今回も...

 今月7日放送『CDTV祝25周年SP』(TBS)で初披露されたAKB48のニューシングル「Teacher Teacher」。6月に開票イベントが行われる「AKB48 53rdシングル世界選抜総選挙」の投票権が付いたシングルで、九割九分九厘、2018年で最も売れたCDシングルになる楽曲だが、この曲の歌詞が「スクールセクハラを正当化している」として批判の声があがっている。

 この曲の主人公は中学か高校に通っている女の子。「大声ダイヤモンド」での大ブレイク以降、AKB48のシングル表題曲の歌詞では一人称が「僕」で男性視点であることが圧倒的に多く、これは珍しいパターンである。

「Teacher Teacher」は、その女の子が〈学校じゃ気づいていなかった/街で会って はっとしてしまった/男性だって 今さら思い出した/イケてるんじゃない?〉としながら、街で偶然出会った教師に性的な魅力を見出すところから始まる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

スッキリしない出来事が多く落ち着かない日。悩むよりも、音楽...もっと見る >