2017/05/28 07:40

欽ちゃんが浅草軽演劇で体得した「笑いのノウハウ」は現代の至宝

高橋秀樹[放送作家/日本放送作家協会・常務理事]

* * *

5月17日放送のNHK・BSプレミアム「欽ちゃんのアドリブで笑(ショー)」を見て感じたこと、補足しておきたくなったことについて記す。

この番組は欽ちゃんこと萩本欽一さんが体得し、コント55号で一世を風靡した浅草軽演劇の「動きによる笑いのエッセンスとやり方」を若き芸人(小倉久寛、劇団ひとり、中尾明慶ら・・・だが、決して若くはない)に伝えておきたいという思いから始まっている。

舞台上で彼らに動きの稽古を付ける様子がそのまま笑いのドキュメンタリーになっている。

浅草軽演劇は団体による芝居である。そのなかで、もっとも嫌われた芸人は「奇抜」とか「ひとりウケ」と呼ばれる芝居の話とは関係ない突出ギャグをする芸人であった。

それはやがて大阪の吉本新喜劇に流れ、浅草軽演劇は松竹新喜劇に受け継がれたというのが欽ちゃんの弁である。

浅草軽演劇では台本なし、全編アドリブであることが強調されていたが、これは誤解を生みそうである、紙の台本がないだけで、設定はある。例えば「岡っ引きにお縄になった大工、それを追う大工の兄」などの設定である。やはり紙の台本はないがセリフもごく短くはある。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

新しい人間関係を始めるのにいい日。社交センスもマナーもカン...もっと見る >