2017/06/19 07:30

<2018年NHK大河ドラマ>林真理子原作・中園ミホ脚色で西郷隆盛はどう描かれる?

高橋秀樹[放送作家/日本放送作家協会・常務理事]

* * *

NHKが2018年に放送する大河ドラマ第57作は林真理子が『本の旅人』(KADOKAWA)に連載中の『西郷どん!』が原作である。連載終了がいつになるかは知らないが、まだ書き続けられている小説を脚色するのは売れっ子脚本家・中園ミホ。

筆者は久しぶりに大河を見ようという気になっている。理由はまず、時代が幕末・維新であること。主人公が大西郷と呼ばれた日本史上で、もっとも有名な男子の一人であることなどである。第55作の『真田丸』と56作の『おんな城主 直虎』は大河らしくない軽みを感じた。

一体どんな西郷隆盛像になるのか。

林真理子の原作にその片鱗は見えるはずだが、ちょっと恐ろしくて読んでみる気がしない、なぜ恐ろしいか。それは、西郷と関わった女性との愛が描かれていたりすると、ちょっとイメージが狂ってしまうからだ。

脚色するのが女性脚本家だからドラマも女性の興味で描かれる可能性はある。そのあたりが心配だ。筆者はぐいぐいと維新を引っ張っていく西郷が見たい。もちろん、西郷隆盛と聞いて、そう期待している視聴者も多いのではないか。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

感情のアップダウンが激しくなりそう。怒りのあまり八つ当たり...もっと見る >