2017/09/28 07:30

<悪意なき愚民化?>池上彰の「わかりやすい」解説番組に潜む危険

菊池宏[ライター]

* * *

筆者は池上彰氏の解説番組をほぼ欠かさず観ています。池上氏はNHKの記者を経て、同局1994年からの「週間こどもニュース」の「お父さん」役でその名を広く巷に知らしめました。その後フリーランスとなり、民放各局で政治・経済・国際と様々な分野を網羅する解説番組を担当し活躍していることはみなさんもご存知の通りです。

彼のスタンスは「難しいことをわかりやすく」であり、それは「こどもニュース」時代から変わっていません。自分の立ち位置はあっても常に中立であろうとしているところに好感を持っています。

以前、番組内で「池上さんが一番正しい」と言ったお笑い芸人の陣内智則が、逆に「それが一番危険な考え」と池上氏にたしなめられたことは記憶に新しいところです。

【参考】<池上彰とマツコ・デラックスの使いやすさ>歯に衣着せぬように見せて、放送局が困らない程度のコメントをする技術

しかしながら、いつの頃からか筆者は池上彰氏が解説する番組を見ながら、喉に魚の骨が引っかかったような、歯にほうれん草が引っかかったような、一抹の違和感を感じるようになりました。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

気になることがあったら徹底的に調べてみよう。周囲の人に教え...もっと見る >