2017/10/03 07:40

「エンタの神様」特番はレギュラー時代よりも進歩したか?

高橋秀樹[放送作家/日本放送作家協会・常務理事]

* * *

筆者はレギュラーで放送されていた頃の「エンタの神様」(2003-2010、日本テレビ)という番組が好きではなかった。理由は芸人への愛がないと感じたからである。

スタジオ客入れの公開で披露されるネタはすべて素材扱いで、無残に切り刻まれる。芸人が工夫したフリも何もあったものではない。笑いが来たところだけをまるで瞬間芸のように摘まんで、ただただ繋ぐ。

最終的な編集権を持っている人はテレビや視聴率は好きなのかも知れないが、笑いは特に好きな人ではないだろうという気がしていた。この番組はただ芸人を消費する番組だ、そう思ったのである。

2017年9月30日に放送された「エンタの神様」の特番を見る気になったのは、その編集方針が、そのままなのか、それとも変わったのかを確かめるためでもあった。

結論から言ってしまえば、編集方針は変わっていた。芸人任せにせず、稽古をして、スタッフ側の知恵が入っていることが分かった。一組ごとの芸人のネタ尺は長尺になり、フリもきちんと入っている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

しっかりした意見をいうと、周囲から認められるよ。現実的な大...もっと見る >