2017/10/12 07:30

NHK「わろてんか」ナレーションが小野文恵アナはミスキャスト

高橋秀樹[放送作家/日本放送作家協会・常務理事]

* * *

NHKの小野文恵アナウンサーのすばらしいところは、「NHKのアナウンサーらしくない」ことである。

仕込まれたような紋切り型のアナウンサーが多い中で、自分の言葉でしゃべる人だ。本音でしゃべるので、その言葉はほかの出演者にもきちんと届き、司会進行は実にうまい。「ためしてガッテン」でも、うるさ型で自分の進行を邪魔されると極端に嫌がる立川志の輔をも、見事に操る。

土曜朝の「NHK週刊ニュース深読み」では、メイン司会になったのでその司会術を縦横に発揮してすばらしい。自由自在に発揮する技はまさに水を得た魚。番組の肝となっていたが、交代したのは残念な事である。

10月から始まったNHK連続テレビ小説「わろてんか」では小野文恵アナがナレーションを務めている。適材適所という意味で考えれば、これはあまりよろしいキャスティングとは言えない。大阪の芸能界の隠語で言えば「任ではない」。つまり、ミス・キャストと言うことである。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

精神的に落ち着いて過ごせる日。父親に感謝の気持ちをあらわす...もっと見る >