2017/10/12 07:30

NHK「わろてんか」ナレーションが小野文恵アナはミスキャスト

【参考】NHK朝ドラ「とと姉ちゃん」に感じる違和感

ドラマであってもドキュメンタリーであってもナレーションは「芝居」が必要である。脚本家が書いた原稿に、その脚本家が表現したい気持ちをのせて「芝居」しなければならない。ドキュメンタリー番組で有名役者にナレーションを付けてもらって、喜んでいるテレビマンがいるのもそのためだ。逆に、ドキュメンタリー作家でナレーションというものを拒絶する作家がいるのもそのためである。

ナレーションというのは聞き慣れるという側面もある。しかし、TBSの「世界遺産」を担当していた藤原竜也のように、ずっと、こんなに暗いタッチのナレーションが好きなのは誰なのだろうと違和感を持ち続けたものもあった。ちなみに、「世界遺産」は杏に変わって聞きやすくなったように個人的には思う。

小野文恵アナにはもっと、自由に発言できる場を与えて欲しいものだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱい。行動的になればなるほど、ツキがまわってくるの...もっと見る >