2019/09/11 08:57

TBS『あさチャン!』台風中継が凡庸以下だったわけ

高橋秀樹[放送作家/発達障害研究者]

***

9月9日、月曜日『あさチャン!』(TBS系列)を見た。夜半に強大な台風15号が千葉に上陸したその日である。

こういう、横並びの情報番組で、その違いを決めるのは、

*丁寧に見て嫌な箇所を削っていく作業

*今の関心事に飛びつく、瞬発力のあるスタッフづくり

の以上2点が大切だと述べておく。1年は番組を続けさせてもらって、その間に、コツコツと、以上2点の改善に務める。それ以外に他局の番組からお客(視聴者)を持ってくる方法はない。

さて、2014年(平成26年)から『あさチャン!』は、5年も番組を続けさせてもらっている間に(視聴率が低いのに続いているのはMC夏目三久さんの所属するプロダクション力が強大だからと思われる)上記2点の改善は行われているのだろうか。

これが「行われていない」ことは冒頭の中継ですぐ明らかになった。

中継先として用意されたのは、台風直撃が考えられた「大洗」(結果はハズレである)そして、さっきまで嵐吹き荒れた「渋谷駅前」の2つ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人を仕切る立場にたちやすい日。でも自分は表に出ないほうが吉...もっと見る >