2017/05/25 23:10

元KAT-TUN田中聖の大麻所持で現行犯逮捕、赤西・田口はメジャーデビューの朗報も台無し

5月25日、驚きのニュースが飛びこんできた。ジャニーズの人気グループで現在は充電期間中として事実上活動休止中状態にあるKAT-TUNの元メンバーであった田中聖(31)が、24日午後6時過ぎ、東京・渋谷区道玄坂の路上で大麻を所持していたとして警視庁に現行犯逮捕されたという。

パトロールをしていた警察官が走行中の不審なワゴン車を見つけ、1人で乗っていた田中に職務質問した際、運転席と助手席の間に乾燥した大麻らしきものが落ちているのを発見。簡易鑑定の結果大麻と判明し、大麻を巻いて吸引するための紙も発見されたと報じられている。車は黒のワンボックスカーで名義は田中のものだった。調べに対し田中は「友人に会うために渋谷に来て、駐車場を探していた。大麻は自分のものではない」と供述し容疑を否認している。昨晩は落ち込んだ様子だったが、今朝はかなり落ち着いて取り調べに応じていると報道したニュースもあった。

田中は1998年にジャニーズ事務所に入所。2001年に亀梨和也・上田竜也・中丸雄一・赤西仁・田口淳之介、そして田中の6人でKAT-TUNが結成され、2006年3月に「Real Face」でデビューしている。だが2010年には赤西が、2013年には田中が、さらに2016年には田口が脱退したことで、3人となったKAT-TUNはグループとしての活動を休止、現在充電期間に入っている。

田中がジャニーズ事務所から「度重なる事務所のルール違反行為があった」として専属契約を解除されたのは2013年10月のことで、もう3年半が経つ。契約解除後も「今後もタレント活動を続けたい」として、2014年10月には4人組のロックバンド・INKT(インク)を結成した田中はヴォーカルKOKIとして活動しており、現在は全国47都道府県のライブハウスをツアーで巡っている真っ最中だった。バンドのオフィシャルインスタグラムではライブの様子などを積極的に配信しているのだが、2日前の5月23日にライブの限定グッズなどの紹介記事がアップされて以降、更新は見られない。

一方、田中のtwitterはどうなっているかというと……おそらく自動投稿を設定しているのだろう、本日午後12時には「お昼からこんな過激な動画を!? 午後も頑張りましょう」とのコメントとともにライブ動画がアップされている。この動画とコメントは過去にも同じものが何度かアップされているようだ。それに対してファンは「定時ツイが泣ける」「信じて待ってるから!」「大好き。いつでも戻ってきて!」と田中を変わらず支持する熱い思いを伝えるコメントを次々と残している。「信じている」というのは、容疑を否認している田中の無罪を、ということだろうか。だが一方で、ネット上の声は「いかにもやってそう」「驚かない」など厳しいものが多い。

田中と同じくKAT-TUNを抜けた赤西は脱退後もジャニーズ事務所に残りソロとして音楽活動を継続していた。しかし2014年2月に契約満了で退所、今年5月には音楽業界大手のユニバーサルミュージックに所属が決まったのではないかとの報道があったばかりである。ユニバーサルといえば同じく元KAT-TUNで16年3月にジャニーズ事務所を退社した田口が所属しており、4月にさっそくデビューシングルをリリースしたことで「ジャニーズ事務所を辞めて、これだけ短期間でメジャーデビューとなったのは異例のこと」とこれも大きな話題となった。赤西はレーベルこそマイナーではあれど、短編映画の音楽をプロデュースしたり、昨年11月には親友の山田孝之とJINTAKAというユニットを結成し、解散と再結成を繰り返してメディアの話題をさらうなど、テレビ出演こそないものの各方面に露出も多い。元仲間たちのこうした活躍ぶりが、田中の心になんらかのプレッシャーを与えていたのだろうか……。

2013年にジャニーズ事務所を契約解除となった直後に写真週刊誌「FRYDAY」に掲載されたインタビューで、田中は「今後も芸能活動を続けるつもりですか?」との問いにこう語っていた。「マイナスからですけど、少しずつ何かできればなと思います」「親も安心させてやりたいし、弟たちも芸能活動をやっていて、自分のことを尊敬してくれていたので、その位置まで戻りたいな、と」「(芸能活動を続けることは)不安は不安ですけど、それでもやらなければならないなという気持ちです。なにしろ12歳から芸能界しか知らないので…」。

所属事務所からの専属契約解除という不名誉な形からの再スタートにも関わらず、田中のSNSを見る限りではそこを乗り越え懸命に音楽と向き合っているように見えた。だからこそ未だ多くのファンが彼を支持していたと思うのだが……。もし車中にあった大麻が田中のものであったとしたら、彼を信じてついてきた多くのファンを裏切ることになる。ツアーはまだ途中であり、残されたバンドメンバーの心境を思うといたたまれない。

それにしてもジャニーズと大麻といえば真っ先に思い浮かぶのは、2008年7月に「週刊現代」(講談社)が報じた嵐・大野智の<大麻で3P>だろう。その記事では、05年の夏頃の出来事だとして、複数の男女とカラオケボックスで盛り上がっていた大野が、同席者の差し出した大麻を吸引、別の場所に移動し2人の女性と3Pに至ったというファンには衝撃の内容が伝えられた。だが当時、このことを取り上げる大手メディアはなく、黙殺。ジャニーズ事務所への配慮、流行の言葉でいえば“忖度”だろうと未だに囁かれているが、大野は逮捕されたわけではなく、あくまでも“吸引疑惑”で所持していたわけですらないため、下手に騒ぎ立てることを控えたというのが真相だろう。対して今回、田中は現行犯逮捕されている。推定無罪の法則はもちろんであり、現段階で本人は容疑を否定しているため外野が騒ぎ立てるべきではないが、このような事件が起こってしまったことは残念でならない。渋谷署は、今後尿検査や家宅捜索を行う方針であるとしており、全容解明が待たれるばかりだ。

(エリザベス松本)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

新しい人間関係を始めるのにいい日。社交センスもマナーもカン...もっと見る >