2017/05/27 19:00

小倉優子を「お友達になれない」とバッサリの千秋、かつてはママ友だったのになぜ!?

  19日放送の『ノンストップ!』(フジテレビ系)での千秋(45)のトークにネット上で批判が集まっている。この日の放送ではワンオペ育児やママファッションについて取り上げられ、千秋のほか、小倉優子(33)、福田萌(31)らが出演。冒頭には『ママ友ファッションバトル』を議題とし、子どもを幼稚園や学校に送り迎えする際の服装によって、その母親と友人になるか判断する……という主婦の意見を紹介がされると、小倉は「やっぱり気にしますね。幼稚園の送迎の時とかも派手になりすぎず、だけどキチンとして」と、身だしなみには気を使うことを明かしたほか、朝の送りのときもメイクは欠かさないとも発言したところ、千秋が「私、それはお友達になれないかも。朝から子どものお弁当とか忙しいのに、その(メイクの)時間をそんなに大事にしてる人なんだなって。偉いんだけど真面目だし、それじゃ話合わないかなとか」とバッサリ。

  といいつつも千秋は「生きてきて1回もオシャレのことを考えたことがないくらいの人は絶対に話が合わない」と言い切り、ママ友の服装には厳しい姿勢を見せた。そう、千秋といえばファッショニスタでお馴染み。かつては「Zipper」(祥伝社)など青文字系雑誌で鳴らした女だ。実際に千秋は「オシャレのことを考えたことがない」ようなママ友と5年くらい話をしなかったという。が、「その後話したらいい人だった」とのことなので、つまり「人は見た目だけで判断すべきじゃない」ということだろうか。いや千秋、どっちなんだ、何が言いたいんだ?

 残る福田は、今年、子供が幼稚園入学だったため、小倉と同様、服装には気をつけているという意見。保護者会などがあると親しいママ友に何を着て行くかLINEで尋ねているのだという。「『とにかく常識人ですよ、私は』とアピールする」と、芸能人であるがゆえに、先入観を持たれているからこそ常識的な服装や振る舞いに気を使っていることを語った。

 さらに放送で『流行の服を着ているのにまったく似合っていないママ友にドン引きした』という主婦の声を紹介すると、小倉は「ドン引きはしない」と回答。自分なら「今日、いつもと違うお洋服ですね」「それいま流行りなんですよね」など、声を掛けて話題にすると語ると、千秋が「おかしいと思ってるのに褒めるってこと?」と疑問を呈した。千秋は「ニヤニヤしてあだ名付けちゃう。距離は置かないよ。それで嫌いになったりはしないけど、面白い人だなぁとは思う」とのこと。最後の福田は「引きはしないけどチラチラ見ちゃう。『ファッションお好きなんですねー』って無難に」と語り、司会の設楽統やカンニング竹山が「なんかみんな良くない感じだな」「寂しい気分になるよね」と漏らす……という流れだった。

 この一連の千秋の発言の中で、特に朝の送りでのメイク批判についてネット上では批判が強く「朝から化粧して何が悪いの?」「出たー化粧を無駄な時間的に言う主婦。化粧してるだけで家族を疎かにしてるとかそんな事言うやつこっちが付き合いたくないわ」「綺麗なお母さんの方が子供だって嬉しいに決まってるだろ」「化粧のことより、こうやって他人のことに口出しする人が嫌い」など、千秋の発言が“子育てよりもメイクに時間を割いていることへの非難”であるとする反論が噴出した。

 だがmessyとしては、番組放送開始数分後に、小倉の発言に対して「友達になれない」と噛みついた千秋、このふたりの関係が気になるところだ。本当は仲が良いけれども受ける番組づくりのためにあえて千秋はこう言ったのか、それとも本当に友達ではないのか、両者のブログを遡ってみた。すると、彼女たちがかつては私生活で交流のある「友達」だったことがわかった。

何度か会って「やっぱり合わない」と悟った?

 ブログではともにお互いのことについて言及している記事(時折ツーショット写真もあり)が複数ヒットしたのだが、なぜか2015年10月27日、千秋のバースデーパーティでのギャル曽根とのスリーショット(千秋)(小倉優子)以降全く、お互いについて言及しなくなったのである。

 小倉のブログを見てみよう。このBDPartyの5ヶ月前は2人でランチをしており、2013年には千秋の娘に小倉がお菓子教室を開いている。しかも一度ではない。4月にも、3月にもやっている。ただ、一度目のお菓子教室の記事には「今日は、我が家に千秋さんと千秋さんの娘ちゃんがお菓子作りをしに遊びに来てくれました」「千秋さんの娘ちゃん、とにかく素直な優しいしっかりとした女の子なんです」などという内容から察するに、少なくとも千秋の娘が小倉の自宅を訪ねたのはこの時が初めてなのではないかと思われる。他の2013年の記事は、収録で会ったときの記事がひとつあり、残りは、千秋の本を買って読んだ記事、千秋プロデュースのパワーストーンブレスをプレゼントしてもらった記事、自分でもそのブレスを買ったという記事、そして2014年には千秋プロデュースの子供服ブランド「リボンキャスケット」の服をプレゼントしてもらったという記事が並ぶ。

 一方の千秋のブログもほぼ同様。2013年末には、自身がプロデュースしたブレスを小倉が自腹で買ってくれたことを綴り、自身の書籍が増刷になったこととと、小倉や他の芸能人らが購入してくれたことについてのお礼など綴っている。ほかは番組で共演したという報告であり、プライベートで小倉に会ったことが綴られているのは、やはり小倉のブログと同様に、2013年のお菓子作り×2と、2015年5月のランチ、そして同年の千秋BDPartyのときだ。千秋はブログで2015年5月のランチ記事で小倉のことをこう評している。

「子育てをしっかりやる可愛いママです。

 同じ不思議ちゃん出身だけど性格は全然違うなあ。

 でも実は真面目なところは共通点。(自分で言うな)」

 小倉はこの日の記事で千秋のことをこう綴っている。

「なんだか、私がずっと質問していたような その質問に、優しくず~っと聞いて下っていました!!千秋さん、いつも優しいんですね(はーと)」

 ちなみに小倉のプライベート投稿をほかにもチェックしてみたのだが「優しい」というワードは、ほぼ誰に対しても使っている。山口もえとギャル曽根にも、渡辺美奈代と西村知美に対してもだ。ちなみにもっと言うと、山口もえ・ギャル曽根とは長らく仲が良い様子であり、特にギャル曽根は昔も今も小倉ブログに定期的に登場する常連である。

 小倉のブログには、たびたび千秋プロデュースの商品や書籍が登場し、ある時期、慕っていたというのは本当かもしれない。しかし千秋のほうは違うのではないか。ブログで小倉のことを「性格は全然違う、でも実は真面目なところは共通点」と書いていたが『ノンストップ!』での、朝のメイクをめぐる千秋の発言では「偉いんだけど真面目だし、それじゃ話合わないかなとか」と、真面目が共通点だと言っていた小倉を「話が合わない」とまで突き放している。さほど両者に対面での交流は多くなさそうであるが、少ない邂逅を経た結果、千秋は「話が合わない」と判断したのだろうか。2015年の千秋のBDPartyで何かがあったわけではなく、そもそもお互いさほど楽しくないと思いながらも続けていた関係が、これ以降フェードアウトしたのかもしれない。

 ただ、両者のブログを眺めると、かつて……2013年から2014年ごろまで、千秋は小倉にたびたび自身がプロデュースした商品をプレゼントし、それを小倉がブログで紹介するという流れが確かに存在しており、小倉を宣伝のためにちょっと利用していたのかもしれないという疑念も湧いてくるのであった。千秋、強い。

(ブログウォッチャー京子)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

社交運のいい日。どんなお誘いにも積極的にのってみよう。友達...もっと見る >