2017/06/03 18:00

城島茂の熱愛を素直に祝福できない“未成年飲酒疑惑”

 ジャニーズ事務所に属するアイドルながらすっかり“おじいちゃん”キャラが板につき、お茶の間の好感度上位に君臨するTOKIOの城島茂(46)が、グラビアアイドル・菊池梨沙(21)と熱愛中であると6月1日発売の「女性セブン」(小学館)が報じた。同誌によると、5月下旬のある夜、城島と菊池が芸能人御用達の会員制バーで深夜4時まで同席していたという。楽しい時間を共にした後はそれぞれ別のタクシーに乗り込んだが、行き先はどちらも城島の自宅マンションだったというから、熱愛はほぼ確定したも同然。

 その好感度の高さから、ネット上では「リーダーおめでとう!」「ようやくだなー」「幸せになってほしい」と祝福の声が上がっている。ジャニーズアイドルの熱愛発覚はファンを悲嘆にくれさせるものだが、リーダーだけは別。これほど恋愛を応援されるアイドルがかつていただろうか。

 しかし一方で、やはり25歳もの年の差が気になる、と不安視するファンもいなくはない。現在21歳の菊池に城島が“ひとめぼれ”したのは2年ほど前。城島が菊池に声をかけ、菊池が“飲めるくち”で、お酒好きの城島と波長があったこともあり、スムーズに交際に発展したという。しかし“酒好き”という共通点から仲が良くなったのだとしたら……その当時、彼女は未成年だったのではないだろうか? 城島が菊池に酒を勧めたり、未成年飲酒を黙認していたという状況も想像に難くない。

 未成年飲酒問題といえば「ゲスの極み乙女」の川谷絵音(28)が、交際していたタレント・ほのかりん(当時19歳)と一緒に酒を飲み、騒動となったことが記憶に新しい。この時、二人は猛バッシングを受け、特に川谷はベッキーとの不倫交際で一躍有名になった直後だっただけに「不倫に未成年飲酒ってどうしようもない」「ゲスすぎて顔も見たくない」と容赦ない言葉がネット上に飛び交った。結果、ほのかりんは所属していた芸能事務所を解雇され、川谷は音楽活動を自粛。川谷は大人として、当時未成年だった恋人の飲酒を止めておくべきだったというのが一般的な認識である。城島の場合はどうだったのだろうか。

 ちなみに菊池はいわゆる無名のグラビアアイドルだが、まもなく芸能活動に見切りをつけ、小説家を目指すと周囲に語っているそうだ。城島というパトロンを見つけ、経済的な心配がなくなったためなのだろうか。そんな彼女、やはりというべきか、年上男性を転がすのが得意なようす。5月に行われたファーストDVD『Catch me』の発売イベントでは、「年上の人が好きで、その人を赤ちゃんにしたい。ヨシヨシするのが好きで、甘えてもらいたい」と、今となっては城島との甘い時間を連想させるような意味深発言をしていた。

 そのファーストDVDの内容は、パッケージこそ爽やかであるがマイクロビキニでテニスをしたり生脱ぎダンスをしたり、なかなかきわどい。というか誰が見ても「エロい!」と唸るような出来栄えである。これは城島が赤ちゃんプレイで転がされるのも納得だ。まんまと手玉にとられた男という印象がぬぐえず、加藤茶・綾菜夫妻のように見えなくもない構図だが、もし本当に危ない関係ならばTOKIOメンバーが全力で止めるはず。温かい目で見守るしかないだろう。

(ゼップ)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

好奇心のままに動きまわろう。興味のある所に顔を出すと、ワク...もっと見る >