2017/06/11 18:00

『あなそれ』ブーム、ヒロインに重なる矢口真里。「私は最先端いっちゃった」

 6月7日放送の『良かれと思って!』(フジテレビ系)に矢口真里(34)が出演。世間の声として上がった「『不倫なんて誰でもしてる』という地位を不動のものにして欲しい」という言葉について、出演者たちとともに考えを巡らせた。

 東国原英夫(59)、劇団ひとり(40)、バカリズム(41)、ハライチ・澤部佑(31)などは矢口に、「これいけたら最強」「超かっこいい、勝新さんとか梅沢富美男さんみたい」「この領域は神の領域」とコメント。さらに、昨今数多く起こった不倫騒動だが、芸能人ごとにペナルティの度合いが大きく違うという話題に移り、ペナルティが重かった矢口は他の(ペナルティの)軽い芸能人についてどう思うかと聞かれると、「私は最先端いっちゃったんで」と自虐して笑いをとった。

 一応会話の節々で「不倫は絶対ダメです」「こういうのが良くないな」と発言していた矢口だが、すでに振っ切れているように見える。矢口がこのように自身の不倫をネタに笑いをとる演出は、もはや出演バラエティでは恒例の流れになっている。しかし視聴者からの反応は相変わらず悪く、矢口がバラエティに出演するたび「開き直り方がイラつく」「矢口出てるからチャンネル変える」「ずっと出てこなくていい」といった嫌悪感をあらわにしたコメントがネット上には続々上がる。しかし今にして思えば、確かに矢口は不倫をしたが、すでに離婚。夫婦間のいざこざは解決している。不倫相手だった男性とは現在も交際を継続し同棲中でもある。彼女が元夫を傷つけ、芸能人としてのイメージを悪くしたことは事実だが、それではいつまで反省したフリを続ければいいのだろうか。

 2013年5月下旬に不倫が発覚し、それから約1年5カ月芸能活動を休止していた矢口。2014年10月に『情報ライブ ミヤネ屋』(日本テレビ系)で芸能活動再開、同年12月に『めちゃ×2ユルんでるッ!』に出演してバラエティ番組にも復帰した。もう4年が経つ。

 すでに矢口が仕事復帰してから2年半が経過している。不倫が嫌悪感をもって受け止められることは仕方ないが、それでも未だに叩かれ続けているとなると、これからもずっと叩かれるのだろう。そして残念なことにテレビで彼女に振られる話題は不倫ネタばかりだ。にもかかわらず当時の心境や事情が彼女側の視点で語られることは決してなく、うわべをなぞった話に終始している。

 確かに矢口は最先端だった。不倫と言えば、現在放送中のドラマ『あなたのことはそれほど』(TBS系)で波瑠(25)が演じるヒロイン・美都の、罪悪感なく婚外恋愛に突っ走る姿が不気味だと大きな話題になり、同ドラマはブームになっている。ドラマの中の出来事とはいえ、視聴者は毎週楽しく美都に激怒している。美都は友人などの前では微妙に反省している素振りをみせるが、心の内では罪悪感ゼロだ。このドラマがブームになっている今だからこそ、矢口はもっと語れることがあるのではないだろうか。

(ボンゾ)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

反抗心が強くなりそう。その気持ちを自分のオリジナルなやり方...もっと見る >