2017/06/19 19:30

『銀魂』堂本剛ムビチケが定価の約8倍で取引も! 原作4位キャラを断トツトップに押し上げる人気

 7月14日に公開される映画『銀魂』の限定前売り券・ムビチケが販売中だ。しかし高杉晋助を演じるKinKi Kids堂本剛(38)のムビチケが早々に売り切れ、高値で転売される事態が発生してしまっている。

 6月10日から発売されている、同映画の第3弾となるムビチケ。ラインナップは桂小太郎(演:岡田将生/27)、志村妙(演:長澤まさみ/30)、そして高杉晋助(演:堂本剛)の3種だった。「1種につき1人2枚まで購入」の制限が設けられていたが、剛のムビチケは発売日から劇場で売り切れラッシュが続出することに。

 これを受けて映画公式サイトは12日に「大量に用意させていただいたのですが、予想を上回る反響につき、ご購入できないお客様がいらっしゃったこと、誠に申し訳ございません。至急に対策を検討しております」とコメントを発表したが、15日には「第1弾発売当初より『限定品につき、無くなり次第販売終了となります』と事前告知しており」と説明。同時にネットでの高額転売は「ムビチケ利用規約に反しますので直ちに引き下げてください」と訴えた。

 しかし現在まだネット上では定価1,400円の剛のムビチケが、1万円以上で取引されるケースが相次いでいる。他のキャラがほぼ取引されていないところを見ると、剛のムビチケだけが異常な人気を持ってしまっているようだ。

 2016年に発表された漫画『銀魂』(集英社)のキャラクター人気投票結果は、1位が坂田銀時(演:小栗旬/34)、2位が土方十四郎(演:柳楽優弥/27)、3位が沖田総悟(演:吉沢亮/23)、4位が高杉晋助(演:堂本剛)、5位が桂小太郎(演:岡田将生)、6位が神楽(演:橋本環奈/18)、そして8位が志村新八(演:菅田将暉/24)。この結果を見ると、キャラ人気というよりやはり演者である堂本剛本人のファンがすぐさま買いに走ったということがわかる。デビューから20年以上、年齢的にもアラフォーに差し掛かっているのに変わらずトップアイドル並みの人気を誇る剛はさすがというほかない。だが、それにつけ込んで転売トラブルを起こす輩は言語道断。

 ライブコンサートのチケット転売は以前から問題視されているが取り締まり切れていないのが現状で、ここにきて映画の前売券でもトラブルが起こってしまった。供給が追いつかないほどの需要があるにしても、こうした問題が起こってしまうことには剛本人も複雑な思いだろう。転売屋からは買わない・売らないという良識の浸透が求められる。

(ゼップ)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

好奇心のままに動きまわろう。興味のある所に顔を出すと、ワク...もっと見る >