2017/07/01 22:00

「枕営業で解散したグループ」℃-ute説がありえない理由

 6月23日放送の『全力! 脱力タイムズSP』(フジテレビ系)で芸能レポーターの駒井千佳子(51)が、あるアイドルグループが「枕営業のいざこざで解散した」と暴露した。

 番組で枕営業の話題になると、磯山さやか(33)はハッキリ「枕営業はある」と告白。西麻布には枕営業の斡旋をする会員制のバーがあり、そこにはグラビアアイドルやプロデューサーなどが出入りしているという。まあよく聞く話である。

 ここで駒井も枕営業に関する「ある事実」を暴露。「最近はほぼ(枕営業は)ないって聞くんですね」と前置きし(磯山の発言と思いきり矛盾するが)、「あるアイドルグループが解散した理由は枕営業の考え方に対する違いだったと聞きました」と語った。有田哲平(46)が「それは有名なグループだったんですか?」と尋ねると、駒井はグループ名をその場で公開。その言葉にはもちろん規制音が被されて視聴者はわからず終いだが、この名前を聞いた有田とタカアンドトシのトシ(40)は思わず噴き出して、トシは「さっきからすごすぎるんですよ。出てくる名前が」、有田は「あのメンバーの中に(枕営業)推進派がいたんだ(笑)」と感想を口にしていた。

 ネット上では6月12日に解散した「℃-ute」を推す声が広がっているが、放送をみるからにその線はかなり薄い。ネット上に拡散したこの番組に関する情報では「最近解散したグループ」となっているが、放送では「最近はほぼ無い」と言っていて事実は完全に逆。むしろ流れから考えると、昔のアイドルのことを指している可能性が高い。

 また、℃-uteだとしたら、名前を聞いた瞬間に噴き出し、有田が「あのメンバーの中にー」、トシが「凄すぎる」と反応するのもおかしい。メンバーの岡井千聖(23)とは比較的共演経験が多い2人、裏でそんな苦労をしていると知ったら生々しさに笑うどころか引いてしまいそうだからだ。「アイドリング!!!」「SDN48」「SPEED」「MAX」なども候補に上がっているが、どれを当てはめても有田とトシの反応にしっくりこない。

 ここで一番自然にハマるのが「おニャン子クラブ」。グループとしての「名前が凄い」ことはまちがいなく、おニャン子世代だった有田なら「あのメンバーの中にー」と感想を口にするのも納得がいく。また、6月21日放送の『バラいろダンディ』(TOKYO MX)では玉袋筋太郎(50)が、おニャン子の元マネージャーが「おニャン子を3人食った」と話していたことを暴露していて、そんなグループなら枕推進派がいてもおかしくはない。ネット上では℃-ute説が濃厚になっているが、℃-uteファンは安心していいはずだ。

 それにしてもこのようにやたらと枕営業の話が話題になる芸能界には辟易するばかり。これも全て男社会が作り出した悪しき風習なのだろう。駒井の言った「最近はほぼ枕営業はないと聞くが」という言葉も、空虚にしか聞こえない。

(ボンゾ)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

好奇心のままに動きまわろう。興味のある所に顔を出すと、ワク...もっと見る >