2017/07/08 19:00

吉岡里帆が番宣巡りで嫌われ女優の仲間入り?「すっごい邪魔」「勘違いしてんのか」非難轟々

 ORICONが発表した『2017年上半期ブレイク女優ランキング』にて1位を獲得した吉岡里帆(24)。7月9日スタートの新ドラマ『ごめん、愛してる』(TBS)でもヒロイン役に抜擢され、現在、さまざまな同局バラエティ番組に番宣として出演したことで、アンチが急増している。

 まず、3日放送の『関口宏の東京フレンドパーク2017 7月ドラマ大集合SP』にて、場を盛り上げる長瀬智也、ファインプレーを連発した坂口健太郎、天然言動炸裂の大竹しのぶとチームを組んでゲームに挑んでいたのだが、特に成績に貢献することはないものの、一生懸命大きな声で応援したり、飛び跳ねながら同チームの3人とハイタッチを交わすなど、他出演者の落ち着いたテンションも相まって、何かと吉岡が目立っていた。そのはしゃぐ姿に、視聴者からは「吉岡が邪魔」「こういう人だったなんて意外(悪い意味で)」「すごいはしゃでるけどまだ知名度ないでしょ? 勘違いしてんのか」などの感想が目立つ。

 6日放送の『ニンゲン観察バラエティ モニタリング』では、「もしも長瀬と吉岡が夫の友達で自宅に突然現れたら?」という妻へのサプライズ企画が放送され、芸能人と料理をするのが夢だという妻と2人が一緒に料理を作ることに。すると吉岡は、突然、妻にハグしたり、「長瀬智也と吉岡里帆の3分クッキング~」「イエ~イ」と場を仕切り始めた。この光景にも「なぜお前が(笑)」「吉岡がすっごい邪魔なんだけど」「長瀬の喋りを聞きたいし、長瀬の料理が見たいのに」「空回りしてスベるタイプの女優だったとは……」などと、視聴者がまたしてもドン引き。

 お茶の間からは邪魔扱いされてしまった吉岡だが、番組サイドとしては有り難いのではないだろうか。しっかり場を盛り上げて進行までするような若手女優は珍しく、ツンケンしていたり、お高く止まっているような女優よりも、格段に扱いやすい上に、圧倒的に親しみやすいキャラクターのはずだ。しかし、長瀬と坂口のほうが多くのファンを抱えていることは明白で、彼ら見たさに番組を視聴していた人にとっては「新人女優が出しゃばっている」と感じたのだろう。ミステリアスな役を演じて急激に売れた吉岡の場合、意外と前に出る元気なキャラクターだったというギャップも良い方に作用しなかったのかもしれない。

 インターネットは、匿名で悪口をたくさん書きやすい場所ゆえ、〈嫌われ女優〉が量産されつつある。中でも、2015年6月放送の『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)を機に多方面で炎上し、大勢のアンチを抱えた広瀬すず(19)が群を抜いている。しかし広瀬は、どんなにネットで悪口を書かれていても、14社のCMに起用され「2017年上半期CMタレントランキング」で首位を獲得している。『ごめん、愛してる』の評判と、吉岡自身が広瀬のようなバッシングに負けない強い心を持てれば、如何様にも化けられるだろう。

(夏木バリ)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

優柔不断になりやすい今日のあなた。あわせてばかりではチャン...もっと見る >