2017/08/01 22:00

手越祐也が『イッテQ』降板危機を回避! 体を張った「禊ロケ」に絶賛の声

 昨年7月に報じられた、福岡市内で起きた7億5,000万円相当の金塊強奪事件の容疑者のFacebookに、容疑者とともに写っている写真がアップされていたと問題になったNEWSの手越祐也(29)。これを受け、一部報道では、手越が『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)を降板させられると懸念されていたが、相変わらず手越は番組から愛されまくっているようだ。

 7月30日放送の同番組では、手越がドラマ撮影で多忙を極めるイモトアヤコ(31)に代わり、「珍獣ハンター」として東南アジアのベトナム社会主義共和国に訪れてロケを決行。“てご散歩”と題し、手越が現地の人や店と触れあって快調にロケをこなしていた。そこで出会ったのが、アクロバットな撮影方法をしているという記念写真カメラマン。手越は、このカメラマンを真似して側転や前転をしながらモデルの女性を撮ることになった。

 女性の周りをグルグルと回転しながら楽しそうに撮影する手越に対し、「最近色々あって写真が嫌いになっていた手越だが、撮る方に回れば活き活きとする」と手越を弄るナレーションが入った。これにスタジオでは大爆笑が起こり、ワイプに抜かれたイモトやいとうあさこ(47)らも大口を開いて手を叩きながら大笑いしていた。

 さらに、苦手なパクチーと水だけで作った「パクチージュース」を飲み干したり、特大のカエルを捕獲するロケに挑んだ際には、手越が「怒りをパワーに変えたい」と番組スタッフに自身を罵ることを依頼。するとスタッフは「ちょいちょい写真撮られてんじゃねーよ!」と再度写真ネタを投下。手越は、奇声を発しながら特大カエルを鷲掴みするのだった。

 同番組放送後には、手越ファンの間で「禊ロケ」と称され、「メンバーではない第3者がきちんと笑いに変えてくれた。それによって手越くんの一連の出来事が後暗い何かではなくて、弄っても良いネタに昇華したと思う」「イッテQに感謝」と手越だけでなく番組スタッフにも絶賛の声があがっている。

 以前より、「ちょいちょい」週刊誌に女性スキャンダルをすっぱ抜かれていた挙げ句、犯罪者と写っている写真が出回ってしまった手越。派手な女性関係については、ファンの間で「手越くんは週刊誌で連載を持ってるんだと考えるようにしよう」「スクープの写真の手越、毎回いちいちかっこいい」とネタとして消化されていたものの、金塊強奪事件の容疑者との関与を疑われた写真に関しては、「面識のない人からの写真に応じて撮ってしまっただけ」と関係をきっぱりと否定していたが問題視する声は多かった。だが今回、番組がネタにしたことで、同番組を降板する等のお咎めはないことが確定したと言っても良いだろう。

 ジャニーズタレントらしからぬ身体を張ったロケに挑み続ける手越。今後も全力でロケに参加して番組を盛り上げていってほしい。

(ゼップ)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

落ち着いた気分で過ごせる一日。今やっていることを振り返り、...もっと見る >