2017/08/04 22:00

現役グラドルが30万で売春した「セックステープ」流出! 事務所社長に言われるがまま「美人局」実行したという罪

 4日発売の「FRIDAY」(講談社)にて、現役グラビアアイドル・Aが所属事務所社長・Cとともに売春と美人局を画策し、被害者男性から1000万円以上も金銭をむしり取っていたことが報じられ、証拠として入手した“セックス動画”の一部が掲載された。

 記事によると、Aは、3年ほど前に心酔していたCの仲介でIT系起業を経営する青年実業家・Bに売春を行い、自身とBのセックス動画を盗撮してCに渡したとのこと。同誌には、Bと対面する前にAがCに電話で「Cさん、電気つけたままする?」「わかった~」と指示を仰ぐ様子、Bがシャワーを浴びている間にリラックスして待つAの様子など、動画の内容が細かく明記されている。さらにCは、Aと肉体関係を結んだことを「バラすぞ」とBを恐喝していたそう。

 Bの証言によると、以前からCとは知り合いで、Aを半ば無理矢理紹介され、セックス時にはAに30万円を支払ったとのこと。その後、Cから「仕事を回せ」と脅されて計1000万円以上を支払ったそう。その間、CがBの会社に乗り込み、Aとセックスしたことを大声で騒ぎ立てる騒動が何度もあったと打ち明けている。1000万円以上支払ったのに、バラされている……。

 Aは売春、Cは売春の仲介『周旋罪』や『恐喝罪』と、もしすべての内容が事実であれば警察沙汰にもなりかねない本記事。被害を受け、コメントを寄せているBが「FRIDAY」に持ち込んだネタと考えるのが通例だが、Aと肉体関係を結んだ当時は撮影されていたこと自体知らなかったそう。後日、Cが別件で警視庁に家宅捜索を受けた際に、同動画が出てきたことで「Bも恐喝を受けていたのでは?」と事情聴取を受け、動画の存在を知ったという。

 一体どうやって同誌がセックス動画を入手したのかは不明である。そして、「数冊の写真集を出版し、テレビドラマや映画にも出演している“スレンダーなGカップ”」と記されているグラドルAとは誰なのか。Cが別件で家宅捜索を受けたとあるが、脱税や労働法違反の容疑で捜査対象となった芸能プロダクションは、この数年でいくつかある。

 また、今も現役でグラビア活動をしているというA。社長に心酔してBを騙して脅す目的で肉体関係を結んだこのことだが、彼女は現在もなお、この社長を慕い続けているのだろうか。

(夏木バリ)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの持つ感受性が注目される日。作品づくりをしてるなら発...もっと見る >