2017/08/12 16:00

ほのかりんは強い! ゲス川谷を振り回してポイ、再起を目指す

 5日に破局したことがわかったタレントのほのかりん(20)とゲスの極み乙女。の川谷絵音(28)。破局報道後は、7日に福岡市内で全国ツアー公演を行った際も、公演後に更新した公式Twitterでも破局報道に言及しなかったほのかだが、同日に更新されたブログで意味深な発言をしていると話題になっている。

 ブログには、こんな長文が。引用する。

「君を否定する全ての音が、君が生きる為の理由と肯定。だから歌って、たくさん。君が好きなように。私は私を否定する全ての音を、受け止めて大事にしてる。『そんなの聴くなよ』って言う人もいるけど、どうして、私のために生まれた音じゃない。私が聴いてあげなきゃ音は音を成さないよ、だから歌うの。私が好きなように。不協和音に負けちゃ駄目だよ。もう一つ足してあげたら、綺麗になるから病んじゃ駄目。君の力で、君だけの力で、新しい音にしてあげて。でもそれってエネルギー使うから疲れちゃって泣きたくなったら、また好きな歌を歌いな。そしたらきっと生きれるから。大丈夫。君を否定する全ての音は、まだ知らないだけなんだ。辛さも、哀しみも、怒りも、妬みも、嫉妬も沢山聴きな。そしたら君は最高なエンパシー、そんな歌と出会う時が来て、君は幸せになるんだ。君が君をすり減らしちゃ駄目だよ。君が一番君を信じて。言いたいことわかるかな?君は傷付いちゃ駄目だよ。君を幸せにする人は君しか居ない。だから君は誰かを幸せにしてあげるんだよ。少しでもこの世界が好い音で溢れるように(原文ママ)」

 川谷への応援文のようにもとれるメッセージがぎっしり綴られている。

 6月28日には「貴方を愛せていたかしら」、7月には「いまだから いうけど わりとすきだったんだよ」と破局を匂わせるようなブログを更新しているが、関係者によると、6月にはすでに破局していたとのこと。

「ほのかりんは未成年飲酒騒動で事務所をクビになってしまいましたが、タレントとして芸能界でのし上がっていく気概に溢れています。交際中は川谷の方が散々振り回されていました。ベッキーとの不倫では川谷がプレイボーイのようにベッキーを振り回していた印象ですが、ほのかの方がいっそう上手でしたね。川谷には一時期、生活を世話してもらうなど恩もあっただろうに、あっさり別れを切り出したのはほのかの方ですし。少なくとも今の彼女は野心に溢れていて、ちんまりと誰かの恋人や妻の椅子におさまるようなタイプではないと思います」(カメラマン)

 ほのかは現在、「新しい時代にふさわしいまだ見たことのない女の子を探す」という講談社主催のオーディション「ミスiD 2018」に出場中で、133名が選ばれたセミファイナリストに名を連ねている。ミスiDのプロフィールページにて披露している自作曲の弾き語り動画は、語りかけるようなメロディーが「ゲス極っぽい」との評価もあるがおおむね好評。「CD出したい」という夢が叶う日もそう遠くはないかもしれない。

 破局報道後にはしっかりと話題になりそうなブログを更新し、今年2月には「不倫してない奴の方が珍しいくね?」と攻めたツイートをしていたことも。何かと話題の尽きないほのか、尖ったキャラを活かして芸能界をのし上がっていくことを期待したい。頑張れほのかりん。

(ボンゾ)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

反抗心が強くなりそう。その気持ちを自分のオリジナルなやり方...もっと見る >