2017/08/23 21:10

有村架純と姉・藍里はガチ仲良し? 「姉妹タレント=不仲」と決めつける煩わしさ

 8月18日に誕生日を迎えた有村藍里(27)が、19日に自身のTwitterとブログを更新。妹の有村架純(24)から、手料理で誕生日を祝ってもらったことを明かした。

 藍里は「妹が誕生日のお祝いで作ってくれたの」「全部おいしかったです。あたたかい。幸せ」という言葉とともに、尾頭付き鯛の炊き込みご飯などの手の込んだ料理の画像をアップ。さらに架純とのツーショット画像も載せると、ファンからは「微笑ましいお写真ですね」「さすが架純ちゃん! 優しい妹でよかったね!」「素敵な姉妹で羨ましいです」と祝福の声が寄せられた。

 有村姉妹といえば、朝ドラ『あまちゃん』(NHK)にて大ブレイクを果たし、「2015年ブレイク女優ランキング」で1位を獲得、現在も朝ドラ『ひよっこ』(NHK)のヒロインを務めるなど国民的女優として活躍する妹に対し、姉は16歳から「新井ゆうこ」名義でグラドルとして活動してきた。しかし今年3月30日に『ひよっこ』スタートと合わせたかのように本名「有村藍里」に改名し、4月発売の「FRIDAY」(講談社)の袋とじにて“朝ドラ女優有村架純の姉 初めてのフル裸身”と題した過激なグラビアを披露し、「妹を使って売名する姉」「妹の七光り」「格差姉妹」とネガティブな見方をされるように。ネット上や週刊誌では不仲説も取りざたされている。

 これを受け、藍里はSNSや『金曜 ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)などで姉妹の仲は良いことをたびたび主張。それでも、番組出演者たちは「片方だけの意見は危険ですから」と疑惑の目を向けていた。しかし、8月17日放送の『得する人損する人』(日本テレビ系)に架純が出演した際、藍里とおそろいの洋服を着ていたことや、今でも架純の家に藍里が訪れることを明かし、不仲説を一蹴した。

 一方で、姉・藍里の存在を妹・架純の事務所スタッフが警戒しているとの話もある。藍里の奔放な行動には今のところ口を出していないようだが、姉妹揃って熱望しているという共演については嫌がっているようだ。藍里のSNSには定期的に架純が登場する一方で、架純のSNSには藍里の姿がまったく見当たらないことも、架純側のプロモーション戦略のひとつだろう。

 芸能界には他にも、石田ゆり子(47)ひかり(45)、浅田舞(29)真央(26)、広瀬アリス(22)すず(19)、平愛梨(32)と祐奈(18)、音花ゆり(33)相武紗季(32)、西内ひろ(28)まりや(23)、上野まな(34)と樹里(31)など多数の姉妹が存在している。

 いずれも、一般的な人気格差のある姉妹にはすぐに不仲説が流れ、浅田舞が「母親が真央のことばかりを気にかけて自分を“真央の迷惑”と扱ったことで、実際に不仲になってしまった時期がある」と自ら告白したことも拍車をかけた。西内姉妹もひろが妹に多少コンプレックスを抱いていることを明かしたことで不仲説が浮上。しかし、まりやは「仲いいし応援している」と不仲を否定している。他姉妹も同様に、知名度の低いほうが人気のあるほうに抱く劣等感を告白し、バラエティ番組などのネタとして消化されていくのが通例だ。

 別に姉妹だからといって仲良くいる必要などないが、何かと「格差」だの「嫉妬」だのと姉妹を比較し、不仲説を浮上させるのもナンセンス。仲良しアピール姉妹が、芸能界で円満に活躍する姿を見ていたい。

(ボンゾ)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

不安から暴走してしまうかも。自分がダメだと思ったら、親しい...もっと見る >