2017/09/04 22:15

永野芽郁が「リコーダー舐め」への嫌悪感を激白! 川栄李奈もドン引き「あれ結構唾液が…」

 永野芽郁(17)がレギュラー出演しているラジオ番組『SCHOOL OF LOCK! GIRLS LOCKS!』(TOKYO FM)の8月29日放送回に、ドラマ『僕たちがやりました』(フジテレビ系)で共演中の川栄李奈(22)が出演した際、永野が体験した気味の悪い事件が明かされた。

 リスナーから届いた「小学校3年生の時、音楽の時間に吹いていたリコーダーを見ると、隣の席の僕の当時好きだった人の名前が書いてありました。焦ってその時間を乗り切り、教室に戻ってから即座に取り替えました」という手紙を読み上げると、2人は悲鳴のような声をあげ「(永野)好きな人のリコーダーを吹いてたんだ」「(川栄)間違えちゃってね。どうすんだろうね」「(永野)ちゃんと拭いたのかな? 洗ったのかな?」「(川栄)びっくり~」と”事後処理”について懸念していた。

 その後、永野が自分もリコーダーを男子に吹かれた経験があると告白。何でも、永野のクラスメイトの男子が彼女のリコーダーをずっと持っており、気づいた永野は「それ私のなんだけど」とキレたが、その男子は悪びれもせず「もう吹いちゃった」とヘラヘラしていたというのだ。

 永野は「気っ持ち悪っー! みたいな。やだーっ! って言って洗った、本気で洗った」と当時の心境と行動を明かし、川栄も同様の経験はないというものの「ちゃんと洗った? あれ結構唾液が下まで行くよ」と具体的な質問。永野はリコーダーの構造と唾液問題を理解していたようで、「ちゃんとガーゼで拭いて洗って、家持って帰って消毒液につけた」と振り返っていた。

 非常に恐ろしい話であるが、2014年10月に「しらべぇ」に掲載されたアンケート結果によると、20代~60代の男性750人のうち、20代の13.3%、30代の10.7%が「女子のリコーダーを舐めたことがある」と回答していた。40代は8.7%、50代は7.3%、60代は3.3%と年齢があがるにつれて割合は減っているが、20代~30代男性の約10人に1人はリコーダーを舐めたことがあるという計算になる。

 する側にとっては軽いノリであったり、思春期の甘酸っぱい思い出として記憶している者すらいるかもしれないが、永野と川栄の反応を見ればわかる通り、された側にとってはまったく笑えないこの行為。今回、2人がはっきりと不快感を露わにしたことで、多くの男子~男性がこの事実に思い至れば良いのだが。

(ボンゾ)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

新しい人間関係を始めるのにいい日。社交センスもマナーもカン...もっと見る >