2017/09/07 21:50

加藤浩次の「泣くまでけなし続けてから優しい言葉をかける」で女性は落ちる? 恋愛工学さながらの「モテテク」

 9月5日放送の『スッキリ!!』(日本テレビ系)に、舞台「スマートモテリーマン講座」の開演を11月に控えた福田雄一監督(49)と主演の安田顕(43)がPRのため登場した。

 舞台にちなんで「モテる」というトークテーマになった際、福田監督は「モテてる頃の加藤浩次を知ってますよ」と話し出し、『スッキリ!!』MCを務める加藤浩次(48)に関する暴露話を展開。2001年に32歳で結婚し、今では三児の父の加藤に“ゲス不倫”スキャンダルが飛び出した過去はない。おそらく20代の頃の話……ということなのだろうが、福田監督が「あの人、上手いんですよ」と称賛する加藤のモテテクニックは、会話の最初に女性をめちゃくちゃけなし、ついに女性が泣き出してしまったところで、「でもお前のそこはすげえいいぞ」といった優しい言葉をかける、というもの。福田監督は「汚ねえなぁー」「毎度毎度の加藤浩次のやり口」と暴露していた。

 加藤は「やめろ、上野のキャバクラの話は」とツッコミを入れながら、そうしたモテテクは事実だと認め、実際にその女性とは電話番号交換にまで至ったという。

 スタジオにゲスト出演していたチュートリアルの徳井義実(42)は「最初攻撃して後半優しくって、ツッコミタイプの人にありがちな責め方ですね。一番モテるんですよね」とコメント。徳井は「僕はできない」と言いながらも、フットボールアワーの後藤輝基(43)なども、女性タレントに対して「いろいろ場を回して弄ってから、後半優しくする手を使っている」と明かしていた。

 実はこれとそっくりの手法を、恋愛工学提唱者の藤沢数希も推奨している。藤沢は、相手女性が自信を持っている部分をディスることで、「この人、普通の男と違う」などと勘違いさせ、自分が女性よりも優位な立場に立つことが出来ると説いている。特に普段褒められ慣れている美人やエリート女性ほど効果的で、ディスった後に相手を褒めると「価値の高い男だ」と思われることに繋がるそう。

 加藤や他のツッコミ芸人は、恋愛工学に基づいて女性を口説いているわけではないだろうが、そもそもこの「けなしてから褒める」という行為を「男が女を惚れさせるためのすごい恋愛テク」と称賛して良いものだろうか。

 ネット上ではこの手口に「ヤクザの手口」「洗脳のテクニック」「典型的なDV男の行動」「パワハラとかもこんな感じだよね」と疑問の声が多数上がっている。暴言を吐かれた後に優しくされる、という流れで「落ちる」女性は、確かに一定数いるのだろう。とはいえ、泣くまでけなし続けることが「モテテク」として推奨されるのはおかしいのではないか。福田監督も、これが恋愛テクだと思っているのなら相当ズレているのだろう。

(ボンゾ)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの長所を生かせそうな日。好きなことに一生懸命取り組む...もっと見る >