2017/09/08 20:00

活動休止発表のタッキー&翼、スタッフは解散説否定も「滝沢秀明の幹部昇格説」濃厚!



 皆さん、ごきげんよう。アツこと秘密のアツコちゃんです!

 「タッキー&翼、一休みするってよ」――デビュー15周年を祝うはずが、真逆の“活動一時休止宣言”がなされてしまってちょっとびっくりだったけど、昔からの根っからファンの人たちは「だろうね~」と冷静に受け止めているみたいね。スタッフは「思ったより大騒動にならなくてよかったけど、その静かなる反応が良いことなのかどうか、複雑な思いだよ」とこぼしていたわ。

 確かに最初は「今年は15周年だから」とファンの人たちも期待していたらしいの。滝沢秀明くんが初主演を務めたホラー映画『こどもつかい』上映前は、テレビにも出まくって精力的に宣伝していたし、今井翼くんが久しぶりにドラマ『屋根裏の恋人』(フジテレビ系)に出演した時も「キタキタキターッ」って感じで、前哨戦はそれなりに十分だったのよね。

 タッキーなんか同じ八王子出身のヒロミさんとDIYに励み出すし、それぞれ露出が増えていたこともあって、タキツバ本隊の活動を心待ちにしていたんだけど、まさかの急展開。でも、映画スタッフによると「滝沢くんは、宣伝でさまざまな番組に出演して、ちょっとした2人の思い出話はしたけど、実は“タキツバの15周年”に関する告知は一切してなかったんだよ。タッキーのジャニーズJr.時代のエピソードなんかを掘り起こしてトークを回してたんだけど、最後のほうはネタがなくなって、同じ話をリピートするばかり。業界人はもとより、勘のいい長年のファンは薄々、気づいていたと思うよ」とのことで、それなりのシグナルは出されていたみたいなの。

   よく考えれば、15周年関連のリリースはな~んも送られてこないし、タッキーは大事な1年のはずが、任期1年のアラブ首長国連邦親善大使に任命されるし、周囲に祝福ムードもなかったから何となく予想はついてたんだけど、“一時”とは書かれていても、いざ“活動休止”の文字を目の前にすると、やっぱり寂しくなっちゃうわよね。

   誰もが知ってることだけど、タッキーはJr.時代から別格の扱いを受けていて、そりゃあんだけ可愛いかったんだから納得ってもんでしょ? 先輩たちのコンサートに出演しても、合間に“タッキーと愉快な仲間たち”の特別コーナーがあってね。ある時、V6のコンサートでタッキーのコーナーが始まったら、何と本家V6より歓声が多くて、ステージをはけて行く三宅健くんが悔しそうな顔をしていたのがいまだに忘れられないわ。

 キャピキャピしていた可愛い可愛いタッキーが、いつしか番組を回し始め、責任感も増してどんどん立派になって、演技もめきめき上達していって……。1999年の松嶋菜々子さんとのドラマ『魔女の条件』(TBS系)は今も忘れられない作品だし、宇多田ヒカルさんの主題歌「First Love」を聴くと勝手にまだ胸が疼くし、2001年の深田恭子ちゃんとのドラマ『ストロベリー・オンザ・ショートケーキ』(TBS系)も名作だったしね。俳優・滝沢秀明に、さらなるご新規さんのファンが大急増。タッキーのキラキラ度は増すばかりで、私たちも「いつどんな形で“デビュー”するんだろ?」って楽しみにしていたの。

 タッキー本人も夢を語っていたし、事務所から溢れんばかりの寵愛を受けていて、実力もつけていたから「ソロデビューかな?」なんて予想していたんだけど、蓋を開けてみたら、2002年9月11日に“タッキー&翼”として異例のアルバムデビュー。『Hatachi』のタイトル通り、二十歳になってからのデビューだったのよね。当時はちょっと遅いデビューという印象だったのよ。

 デビューに向けた怒涛のインタビュー期間があったんだけど、タッキーも翼くんも落ち着いていて、「10代でできなかったことが、二十歳になった今だからこそ逆にできると思うし」とコメントしていたわ。でもね、誰もがデビュー日の“9月11日”は「どうなんだろ?」という思いはあったのよ。だって9月11日と言えば、どうしたってその前年、2001年に起きたアメリカ同時多発テロ事件を思い出すじゃない。2人もそれを誰より考えていて、鎮魂の意味を込めた楽曲も考えていたし、真摯に対応していて立派だったけど、スタッフの中には最後まで「何もそんな日にしなくても。デビューは違う日にしたほうがいい。祝福のイメージにそぐわない」と言っていた人もいたんですって。だけど結局、デビュー日は変更できず、「最初から重い十字架を背負ってのデビュー」を余儀なくされちゃったのよね。

   それからの活動はね……正直なところ、あれほど光り輝いていたスーパーアイドルのタッキーが、CDデビューしてからは控えめな輝きになり、「あれれ? そんなハズじゃ」と感じることもしばしば。翼くんも同期とはいえ、何となくタッキーに遠慮している感じが漂っていたの。タッキーの輝きが少々、薄まったとはいえ、コンビ内格差は歴然としていたのよね。もちろん翼くんは弱音なんか一切吐かなかったし、タッキーも「翼がいなくちゃ始まらない」と話していて、コンビ仲は良好そうに見えたんだけど。

   とはいえ、タキツバのコンサートは独特の雰囲気があって、それぞれのファンが「タッキー」「翼」コールをして、どちらが大きな声で応援したかを競ったり、ヒット曲「夢物語」や「Ho!サマー」なんかは会場中のファンが一体となって振り付きで歌い踊るし、盛り上がるったらないの。取材陣だって我慢出来ず、立ち上がって全力で踊ってるんだから。あれはホント、みんなに一度は体験して欲しかったわぁ。

 タキツバの楽曲のいいところは「ファンのみんながマネできるような振り付け」がなされていること。スペイン舞踊にまで手を染めるジャニーズきっての踊りの名手・翼くんが、ファンと一緒に踊る姿は涙もの。みんなで一心不乱に歌い踊るあの感動がもう味わえないなんて、絶対に嫌! 本当にめちゃくちゃ楽しいんだからぁ(泣)。

   いつから溝ができていたのか、それは2人にもよくわからないみたいなんだけど、前にタッキーが「確かにね、ずっと仲がよかったわけじゃない。何度も危機を迎えたけど、30歳になった頃かなぁ? それまで2人でご飯に行ったことはなかったんだけど、初めて2人で飯行って、とことん話し合ったんだ。最初は長年組んでた相棒なのに何を話していいかわからなくて、すごくぎこちなくて、モジモジしてて。30歳を超えた大の男2人が付き合いたての初々しいカップルみたいになっちゃって(笑)。酒が入ってやっと少しずつ話ができるようになって、レストランを出る頃にはお互い“やっぱりコイツしかいない!”って感じてガッチリ握手なんかしちゃって」って言っていて、何回も何回も修復を重ねて、ここまで続いてきたんだろうなと思っていたの。

 野球大好きな翼くんの誕生日に「滝沢が東京ドームを貸し切ったサプライズパーティーをしてくれたんだ! お金持ちの親戚のおじさんみたいでいいでしょ?」って翼くんが話してたけど、タッキーは座長なだけあって「おもてなしがハンパない」のはとっても有名!

 それは翼くんだけじゃなくて、後輩みんなが口を揃えて言うの。亀梨和也くんや北山宏光くん、藤ヶ谷太輔くんたちも、先輩なのに“タッキー呼び”しながら「タッキー伝説は永遠に語り継がれるよ。仕事面でもとにかくいろんなことを教えてもらったし、プレゼントもすごくて、いろんなものもらった。頭が上がらない後輩たちがわんさかいる。お年玉も楽しみだったし(笑)」って、いつも言ってるもの。何しろタッキーは後輩たちの面倒見がよくて、めちゃくちゃ慕われてるのよ。

 それは事務所の後輩たちだけじゃなくて、プライベートのお友達にもそう。ある時、撮影途中に子供用品が置いてあるお店の前を通ったら「ちょっとだけ寄ってもいい? 友達に子供が生まれてさ。赤ちゃんのもの、よくわからないから一緒に見てくんない?」って言いながら、優しい顔でベビーグッズを選んでいて、お店の人もメロメロになりながらうっとりした表情でタッキーを見ていたわ。もうタッキーったら、どこまでも素敵な“足長おじさん”なんだからぁ!

   一方の翼くんといえば、先輩たちにとても可愛がられているから、その点も真逆なのかもね。中居正広さんや堂本剛くんは翼くんを溺愛しているし、東山紀之さんも「踊りを託したいのは翼かな。センスが違う」って言ってたし。

  「和のタッキー、洋の翼」と呼ばれ、性格や私生活などあらゆる面で正反対と言われる2人だけど、大きな共通点がひとつ。それは仕事に対してお互い一切の妥協を許さない「バカ真面目」な点よ。仕事の話になると、トークが真面目すぎて途端に面白くなくなっちゃうのよね。いいことなんだけど、自分たちでも「仕事のことにはすぐ熱くなっちゃって変に饒舌になっちゃうんだけど、他のトークは下手だから、つまんない男って思われちゃうんだよな」って言っていたから、自覚はあるみたい。真面目な故に、どうしても譲れないところがお互い出てきちゃって、結果「一休み」状態になっちゃったのかしら? 何だか事務所の人たちも口が重くて「解散? 解散はしない。しないでしょ。でも次はね~、まだわからないのよ~」って濁すのよ。本当はどーなのよー?

 まぁ、9月18日放送の『ミュージックステーション  ウルトラFES』(テレビ朝日系)には2人で出演するし、ちゃんとしたコメントを自らの言葉で発するだろうしね。タッキーは来年、主演舞台『滝沢歌舞伎2018』が決まっているし、翼くんも主演音楽劇『マリウス』の再演が決定しているから、2人の姿が見えなくなることはないけど、KAT-TUNも充電中だし、元SMAPの3人も退所して、何だか事務所がザワザワしているし、先が見えなくて不安よね。内部で何が起きているのかしら?

 でも後輩たちが「タッキーはプロデュース力にも優れているし、ジャニーさんから後輩育成を託されたこともあって、目的がハッキリしているからね。ついて行きたいって言う人も多い。すごーく可愛がってる不遇の後輩グループがいて、今は彼らのために尽力してるよ。プロレス好きのタッキーらしく、まさに全身全霊で闘う“闘魂タッキー”だから。事務所の今後も変わって行くと思う」って言ってたわ。

 タッキーが今後の事務所を背負っていくひとりなのは間違いないみたい。翼くんは、東山さんや堂本光一くんも認める踊りの名手だから、芸を磨いて華麗なダンスでまた私たちを魅了してくれるだろうしね。翼くんは凝り出すと止まらないから、スペインで舞踊だけじゃなくて、お料理にまで手を出して、今やプロ級の腕前だし。堂本剛くんも「アイツは料理人としても一流や」って誉めてたわ。凝り性の翼くん、次は何に手を出すのかな?

   事務所の発表がKAT-TUNのような“充電”じゃなくて“一時的な活動休止”だったことで、それってどう違うの? やっぱり解散なの? と、ファンの皆さんの心が揺れ動いちゃったけど、もう一度タキツバと一緒に「夢物語」を踊りたいもんね。タッキー&翼よ、いずれまた! ゆっくりでいいから、いつか、いつか戻ってきてね。その日まで私たちファンは、長い長い夢を見ていましょう! そうだ! 振り付け、忘れないようにしなくちゃね!

今日の運勢

おひつじ座

全体運

どっちつかずになりやすい運気。今日は家に帰って、勉強や調べ...もっと見る >

おすすめキャンペーン