2017/09/08 21:00

オリラジ藤森、「出会って2~3時間で肉体関係」発言に、準強姦→中絶強要の過去への反省なし?

 AbemaTVで放送されたオリエンタルラジオが司会を務める『男差値(メンサチ)~女が男を選ぶ8つの条件~』で、藤森慎吾(34)が出会ってから体の関係を持つまでの期間を明かしていた。

 本来は出会ってから交際するまでの期間という質問だったのだが、藤森が「交際まで? 順序がバラバラな時もありますから」と発言したことで、体の関係を持つまでの期間に変更。すると藤森は「1日の時も3カ月の時もありますし、人によりますよ。早い時なんかは2~3時間なんてことも」と回答。中田敦彦(34)は「2~3時間!?」「スピードスターですね」と驚いていたが、「そりゃありますよ、出会って2~3時間なんて」と藤森は平然としていた。

 この発言には「ドン引き」「気持ち悪い」といった否定的な感想もあれば、逆に「別に驚かない」「少なくとも相手の女性もそういう奴ってこと」「恋愛経験の多い男性ってこんな感じ。ちゃんと相手に合わせて時間をかけているんだから、不快には思わないけど、なんでこんなに叩かれてるんだろう?」といった中田を疑問視する声もあがっている。確かに、きちんと合意の元であれば、出会って体の関係を持つまでの期間について他人にどうこう言われる筋合いはなく、また、交際関係であろうとなかろうと当人同士の自由だ。

 ただ、それは「ちゃんと避妊・性病予防するならば」の話。「勢いでそういったことを続けるなら常にコンドームを一箱は携帯してください。何人中絶させたんですか?」という感想コメントもあった。

 藤森は2012年12月の「週刊文春」(文藝春秋)にて、準強姦に近い行為によって、モデルの女性を妊娠・中絶させたと報じられた。藤森は酔った女性を介抱してホテルに連れて行き、そのまま避妊をせずにセックス。その後、女性から妊娠したことを告げられると中絶費込みの慰謝料350万円を払い、口止めも促していた。藤森本人もこれを認めている。

 その過去がありながら、「出会って2~3時間で」のチャラ発言を未だにしてしまうのは、反省の色が見られない。それとも今は「100%コンドームをつけている」うえ、「意識の朦朧としている相手とはしない」と決めているのだろうか。

 さらに、藤森がこういったことをベラベラ喋ることによって、元交際相手の女性が迷惑するとの見方も。藤森は15年10月に破局したという田中みな実(30)の他、上野樹里(31)、紺野あさ美(30)、後藤真希(31)、加藤夏希(32)、永井麻央(25)などとの交際の噂があり、そうした女性たちにも「チャラい女」のイメージがまとわりついてしまう。

 セックスを楽しむのも暴露話をするのもいいが、あまりに目に余る言動が目立つ場合は「チャラ男キャラ」が笑えないものとなってしまう。もちろん、「避妊」「性病予防」「強姦NG」を徹底する、というのは、セックスをするならば至って当たり前の話だが。

(ボンゾ)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

お誘いが多く人気者になれる日。美的センスも冴えるので、華や...もっと見る >