2017/09/13 22:15

長澤まさみの「酒癖」に被害者続出、伝説的な下ネタ女王ぶりとオッサン絡み

 9月11日放送の『しゃべくり×深イイ合体SP』(日本テレビ系)のに長澤まさみ(30)が出演し、「内面がおっさん」だと暴露される一幕があった。

 舞台の共演経験などから長澤と飲み友達になったというドランクドラゴン・塚地武雅(45)は、「(長澤は)酔ってくると肩を組んできて『もうダメだ私は。全然上手くいかない』などと愚痴り出す。さらにお酒が回ると『(塚地は)自分の話ばっかりするからダメなんだよ!』とずっとダメ出ししてきて、めんどくさい上司のようになる」とコメント。他にもスタッフから「メールは箇条書き」「機嫌がいいとラッパーになる」「汗をかくと『大汗かい太郎だよ』とおっさん風のダジャレを言う」などといったエピソードを投稿された。

 長澤に対して清純派女優として人気を博していた10代~20代前半の頃の印象が強いままのしゃべくりレギュラーメンバーたちは、長澤の酒癖に驚愕し、長澤自身も「サラリーマンのおじさんみたいな感じですかね」と苦笑いしていた。

 しかし、長澤は以前から「若手女優の中でもとりわけ酒癖が悪い」という話を伝説的に語られてきた。塚地やスタッフの“暴露”も今さら……という感じだ。

 2016年9月放送の『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)では、ゲスト出演していた長澤に宛てて、宮川大輔(44)からVTRコメントが届いた。宮川によると長澤は酒に酔うと「ズバズバきつい発言を繰り出すようになる」そうで、飲み会を終えて同じ方向に帰宅予定だった宮川とタクシーに同乗した際、「宮川さん臭い」と言ってタクシーの窓を開けっぱなしにしていたことに傷ついたのだという。

 さらに週刊誌「アサヒ芸能」(徳間書店)が、長澤の合コンをレポートしたところによると、カラテカの入江慎也(35)が開いた芸人合コンにサプライズ参戦した長澤は、下ネタを連発して芸人を引かせていたそうだ。また、ドラマ『ラストフレンズ』(フジテレビ系)の打ち上げでは、酔った長澤がカフェの厨房に乱入してバナナを手に取り、股間にあてて踊りながら共演者の上野樹里(31)にセクハラ課長のように絡もうとしたという。上野はそれ以来、長澤との共演をNGにしたらしい……どこまで事実かはわからない話だが、当時の長澤のタレントイメージからは泥酔も下ネタ連発も到底連想しがたいものであるため、ここまで広まったのだろう。芸人なら美人の下ネタくらいで引くなと言いたいところだが。

 ちなみに別の主演ドラマ『都市伝説の女』(テレビ朝日系)の打ち上げでも、長澤は締めの挨拶で「この作品のおかげで一皮も二皮も剥けました。男の人ならわかると思いますが……。こんなところで下ネタか、と思われるでしょうが、これが私なんで……」と話していたそう。確かにおやじくさい下ネタだ。

 ただ、酒癖が悪いといっても、長澤のように飲んで陽気になるタイプは、一緒に飲んでいて楽しいと感じる人も多いだろう。長澤の交友関係は広く、水川あさみ(34)、宮崎あおい(31)、紗栄子(30)、安藤玉恵(41)など女優陣に加え、男性芸能人やスタッフとも分け隔てなく仲が良いという。一方で、陽気になってしまったがために問題行動を起こしてしまうこともあるから要注意だ。その当時酒に酔っていたのか定かではないが、2014年7月には女性が道路の真ん中でタクシーの前に立ちふさがっている写真を、自身のInstagramに「斬新なタクシーの止め方」と投稿して炎上した長澤。当初その迷惑行為をしている長澤自身を撮った写真だと思われたが、「週刊女性」(主婦と生活社)は被写体は親友・鈴木杏だと伝えている。とはいえ迷惑行為に加担していることに変わりはないのだが。

 酔っていたら仕方がない、とも思えるが、かなり危険かつ迷惑な行動であるうえ、それをSNSにUPしてしまうのは何重にもアウト。大きな問題が起きる前に、大人な飲み方を覚え、タガを外しすぎないよう注意が必要だろう。

(ボンゾ)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

好奇心のままに動きまわろう。興味のある所に顔を出すと、ワク...もっと見る >