2017/09/29 21:00

柴咲コウがECサイト立ち上げ、IT企業のCEO就任! かねてからの事業計画がついに表舞台へ?

 9月28日発売の「週刊文春」(文藝春秋)で、柴咲コウ(36)がIT企業の代表取締役社長CEOを務めているとスクープされた。

 2016年11月に、コンテンツ事業、EC事業、メディア事業を手掛ける「レトロワグラース社」を立ち上げ代表取締役に就任していた柴咲。事業計画書には「今年9月末までに資本金を1億6千9百万円に積み上げ、株式上場を目指す」と記載されており、ゲームアプリなどを開発する「株式会社モブキャスト」の社長・藪孝樹氏が今回の事業をサポート、取締役も務めている。

 柴咲と藪氏は今年2月に「FLASH」(光文社)で、弁護士を含めた3人での高級寿司店、ワインバーでの食事が報道されていたが、既婚者である藪氏は交際を否定。「彼女がやっている仕事の相談相手です。もう7年くらいになります」と話しており、柴咲にとって藪氏は兼ねてから親交のある尊敬する経営者だそうだ。2016年7月には“和牛王”と呼ばれる実業家との交際報道が出ていたが、和牛王の周りには堀江貴文(44)など若手社長が多く、当時から柴咲は起業の関心を強めていると報じられてきた。それがついに結実し、動き始めているのである。

 さらに今年7月1日、柴咲はオフィシャルファンクラブのバージョンアップに伴いオンラインストア「LES TROIS GRACES ONLINE STORE」を立ち上げた。こちらは「生きていくこととは何か、長く残るものとは何か。ファンの方々を含めて、柴咲コウを中心に『豊かさとは何か』を考え、音楽やことば、そして写真など、メディアにこだわらない情報発信をするために、さらに『長く愛される』商品を自らの手で生み出し、あるいは見出して発信するために、LES TROIS GRACESは生まれました。サービスを通して、一人でも多くの人の日々が豊かになりますように」といったコンセプトで、厳選した商品を数量限定で販売。

 9月28日現在、ショップで扱っているものは「紅ほうじ茶のティーバッグ」(1,080円)と「水出し茶のティーバッグ」(1,080円)のみで、以前は「オリジナルブーケ」(8,500円)も販売していたが、9月は20個限定だったためすでに完売。この事業を拡大することも起業理由のひとつだっただろう。

 トップ女優が事業家としての道を歩くことに、なんら問題はない。しかし今回の報道をネガティブに受け止める声がネット上には多くあり、「大丈夫なのかしら? っていうのが正直な感想」「税金対策なのかな?」「なんで女優がそんなもんに手を出すかなぁ?」「ただの広告塔でしょう」「本人は中身わかってんのかな?」「金ヅルにされてる感アリ」といった懸念を示す人々が少なくない。

 彼女の、そしてサポーターたちの目的がどこにあるのか定かではないが、少なくともフィーリングだけで見切り発車したものではないことは、これまでの経緯から推測できる。柴咲の事業計画は果たして軌道に乗るのか、今後の動向に注目していきたい。

(ボンゾ)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

気になることがあったら徹底的に調べてみよう。周囲の人に教え...もっと見る >