2017/10/15 14:00

K-POPオーディション番組の負け組が続々と日本デビュー中! 一大ブームの予感?

 ただいま韓国では超大型オーディション番組『プロデュース101・シーズン2』発のアイドルが大人気だとか。日本にもその人気が飛び火しそうと噂なのですが、果たしてどうなりますことやら? コリアンオーディション番組大好きの韓流編集者が、101をネタに語ります。

▼韓国オーディション番組、挑戦アイドルがファンに手を出しまくり暴露される

 K-POPに関心のない人にはまったくチンプンカンプンな、この『プロデュース101』。複数の事務所に所属する101人の練習生が参加したオーディション番組で、オーディションを通過したメンバー11人がWanna Oneとしてデビュー。9月27日には日本デビューも果たしましたが、まったく話題に上ることなく、ファンはモンモンとした日々を過ごしております。

「韓国では大きな話題を集めたこのオーディション番組ですが、大手の事務所は参加せず、中堅以下の事務所が参加したもの。それゆえ、大手事務所が本気で送り出す新人アイドルに劣るのは仕方のないところ。で、なぜ101人も集めたのか……これは101匹のワンちゃんを意識したものでは? 犬だって101匹も集めればドラマになるのですから、人間も101人集まれば何かが生まれるのは容易に察しがつきますよね」

勝ち組グループは日本でパッとせず

 Wanna Oneは、日本デビューにあたり大手新聞の一面広告も出し、プロモーションは本気に見えました。が、本人たちの来日がないとあっては、一向に盛り上がる気配がありません。

「どんなアイドルでも、地道な来日イベントで売り上げをキープしているのがK-POPです。韓国でいくら話題でも、来日しなきゃ始まらないってこと。そして、もうひとつ。彼らをマネージメントするYMCにはエイリーという女性アイドルが所属しています。彼女は梅宮辰夫が看板の事務所から日本デビューしましたが、早々に撤退し、周囲を驚かせました。その撤退があまりに突然のことだったので、本人が日本に嫌気が差したのでは、と噂されています。彼らが来日しないことに、そんな過去の出来事が影響していないことを祈るだけです」

 勝ち組が来日しないとなれば、負け組の出番です。番組での脱落組が“101でお馴染みの”を謳い文句に次々と来日。一大ブームを巻き起こしています。

「大注目はスターロード・エンターテインメントの高田健太君(トップ画像)。単身韓国に渡り、番組出演を経て、アイドルグループJBJとしてのデビューを予定しています。日本にいる時から、韓国アイドルのダンスをコピーしており、その世界では有名だった彼。K-POPアイドルのダンスを真似るのは女子が多く、男子は少数派です。そのため、何年も前から彼は注目を集め、今では日本で単独ファンミーティングを開くほどの人気ぶり。フジ系情報番組『ノンストップ』も彼を取り上げました」

負け組のほうが、輝いてる?

 実は高田君がクローズアップされて一番嬉しがっているのはスターロードという、名前のわりにはスターを輩出してこなかった韓国の所属事務所だとか。

「この事務所は今まで日本人を積極的に起用してきましたが、すべて失敗しています。岐阜出身の女性が在籍するダンス系女性アイドルグループもグダグダなほどに低迷し、西宮出身のベースがいたギャルバンも失敗。高田君が初めての成功例とあって、喜びもひとしおでしょう」

 他にも番組出身者7人によるRAINZ(レインズ)が日本の宝石会社系事務所から日本デビュー。11月にはMXMという2人組が来日し、チケットは即完売となりました。

 もうここまで来れば、バブル状態! 101がひとつのブランドになっています。やっぱり、101人も揃えば、犬じゃなくても、メイクドラマできるのです!

佐々木薫:101人の顔と名前を覚えるのは無理、とギブアップ気味のK-POPファン。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

好奇心のままに動きまわろう。興味のある所に顔を出すと、ワク...もっと見る >

おすすめキャンペーン