2017/10/21 16:00

平愛梨が「引きこもり&サゲマン」の疑惑を一蹴する長友佑都との夫婦ツーショットを久々公開!

 10月17日、平愛梨(32)と長友佑都(31)がそれぞれのSNSに仲睦まじいツーショット画像を投稿。イタリア・ミラノの和食レストランでランチを堪能したようで、平は「食べる幸福! 一緒に居る幸福!」、長友は「妻とランチへ行きました」「妻も元気にしています」等のコメントを綴り、相変わらずのアツアツっぷりを披露した。

 今年1月29日に結婚を発表した平と長友。その後、平はレギュラー出演していたテレビ等の仕事を終了させ、長友の所属しているサッカーチーム「インテル・ミラノ」があるミラノで新生活を始めていた。

 しかし新生活のスタートは厳しかった。長友はチームで厳しいポジション争いが巻き起こり、出場機会に恵まれない日々が続く。さらに妹の平祐奈(18)が4月放送の『メレンゲの気持ち』(日本テレビ系)で、愛梨が新生活になかなか慣れず、家事が終わったら外出するわけでもなく長友の帰りをカウントダウンしている状態だと告白し、愛梨に引きこもり疑惑が浮上する事態になってしまった。

 愛梨はTwitterで「極力お家にいたいタイプなの」「旦那様や誰か居たら外に出るけどね。ひとりだと建物が似すぎてて迷うの」とすぐにネガティブな引きこもり報道を否定。元気に暮らしていることをアピールしていたが、長友はシーズン最後まで振るわず、名門チームのインテルがまさかの7位フィニッシュ。これを受け、愛梨は“サゲマン”と呼ばれてしまっていた。

 シーズンオフ期間もチームが長友のライバルとなる選手を高額で獲得し、長友は「監督の構想外」「放出候補筆頭」と言われるなど、嫌な雰囲気が続いたまま新シーズンに突入。だが、ここから大逆転劇が起こる。

 いざ開幕してみると、長友はフル出場でチームの勝利に貢献。その後も出場機会をコンスタントに獲得し、世界的に注目が集まる「ACミラン」との試合“ミラノダービー”にもフル出場し勝利を獲得。チームは第8説までを終えて2位と絶好調で、常勝軍団となったチームの貢献者・長友には契約延長の話まで浮上した。

 一方、現在の愛梨は、ブログによると、アパレルブランド・Radyのカタログモデルやマクドナルドの企画サポーター等の仕事をこなしながら、料理を熱心に学んでいるようだ。長友専属シェフの加藤超也からアドバイスを貰ったり料理本を読んだりして、栄養バランスを考えた食事を作っている。

 当事者たちがどんな生活を送ろうが、結婚後に夫の仕事成績が落ちると妻は「サゲマン」と叩かれ、夫がスポーツ選手の場合は「イチャイチャしてないでプレーに集中しろ」「結婚して幸せボケしてる」と批判されることがお決まりとなっている。2人はそれを考慮していて、長友の活躍が安定するまでツーショットを避けていたのだろうか。少なくとも、現状「幸せそうでなにより」「2人の顔が似てきていて微笑ましい」など祝福の声で溢れている。今回のラブラブツーショットは、すべてが順調に軌道に乗ったことを意味しているのかもしれない。

(ボンゾ)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

反抗心が強くなりそう。その気持ちを自分のオリジナルなやり方...もっと見る >

おすすめキャンペーン