2017/10/25 22:00

中居正広も4年前から大絶賛、小島瑠璃子が「生放送に強い」ワケ

 10月22日放送の衆議院選挙特番『TXN衆院選SP 池上彰の総選挙ライブ』(テレビ東京系)で、小島瑠璃子(23)が抜群のリポート力を発揮して話題になっている。

 池上彰(67)の選挙特番と言えば、池上が議員や選挙の仕組みをわかりやすく解説しながら、容赦なく毒舌で切りまくるのが大好評。今回も相変わらずの池上無双を披露し、視聴率は民放トップの9.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と大成功を収めた。だが、世間から大喝采を受けたのは池上だけではなかったようだ。

 今回の選挙で議席を増やした立憲民主党と惨敗した希望の党、両党の様子を中継した小島。希望の党の開票センターに到着すると、まるでお通夜の会場から中継するような声色で「車で1、2分の場所にありますが、状況はかなり違うと肌で感じます」「先ほどと雰囲気は一転してかなり暗い状況です」「あまり大きな声を出せたもんじゃありません。ちょっと言い方が悪いですね、失礼いたしました」と、小島らしい絶妙な笑いを交えつつもわかりやい言葉で説明した。

 その後も的確にリポートを続けたのだが、アナウンサーのように丁寧で滑舌がよく、耳障りの良い声で、笑いも交えた解説力にはネット上で絶賛の声が続出。しかも「日刊スポーツ」の記事によると、経験の浅いアナウンサーの場合、スタッフが事前に用意した原稿をそのまま読むことも多いそうだが、小島は基本情報以外は限られた時間の中でずべて自分で取材してまとめて、手書きの取材メモを作って中継に挑んでいたという。これには「局アナの新人よりよっぽどいい仕事っぷり」「こじるりの適応力は半端ないな」「センス良すぎ」といった反響が相次いだ。

 小島は2009年に「第34回ホリプロタレントスカウトキャラバン」でグランプリを受賞して芸能界デビュー。グラビアでは色黒の健康的な身体を大胆にさらけ出して男性を魅了し、バラエティ番組では愛想が良くて可愛い上に、ハキハキとした空気の読める発言で不動の地位を確立していった。

 小島のテレビ番組での立ち回りスキルは業界でも有名で、中でも2012年から2017年にかけてメインキャスターとして出演したスポーツニュース番組『S☆1』(TBS系)での活躍は話題となっていた。同番組で共演していた爆笑問題・田中裕二(52)は、番組開始から1年ちょっと経過した2013年10月に、ラジオ番組『爆笑問題の日曜サンデー』(TBS系)で中居正広(45)が小島を誉めていたエピソードを語っている。

 田中が番組の取材として神宮球場を訪れると、別番組で来ていた中居と鉢合わせたそう。すると中居は「『S☆1』で来てるの? あの子、凄いね。一緒にやってる子」「この間もウチの番組でゲストMCやってもらったんだけど上手いね、仕切れるし。すごいね、若いのに」と小島を絶賛し、「そのうちもっと仕切れるから売れるよ」と言っていたという。

 その後小島は、2015年からワイドショー番組『サタデープラス』(TBS系)でメインキャスターを務めることになった他、『全日本高等学校女子サッカー選手権』『全国高校ラグビー大会』などでもキャスターなどを担当しており、2013年4月からは『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)にレギュラー出演。臨機応変な対応が求められる生中継や生放送番組などで腕を磨いた。

 一歩間違えれば大炎上しかねない生番組で培った対応力を武器に、冒頭の選挙特番のようなかしこまった場所でも無難なコメントで逃げることなく攻め続け、多数のCMに出演するほどの好感度を維持しているとは凄いと言うほかない。バラエティでも真面目な番組でも重宝され、「2017年上半期タレント番組出演本数ランキング」の女性部門にて9位を獲得するのも納得だ。まだ23歳、今後の躍進が楽しみな存在だ。

(ボンゾ)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの持つ感受性が注目される日。作品づくりをしてるなら発...もっと見る >