2017/10/29 18:00

元東方神起・ユチョンの親戚、SUPER JUNIORメンバーの愛犬に噛まれて死亡…責任逃れ、便乗商法で大炎上

 今年8月、東方神起のチャンミンと一緒に義務警察でのお勤めを仲よく終えたシウォン君。彼の所属するアイドルグループ、SUPER JUNIORが10月24日、25日に来日し、横浜でファンミーティングを開催しましたが、そこに彼の姿はありませんでした。その代わりに彼は日本の情報番組をジャックし“イヌの管理もできないトンデモ・アイドル”として知名度を上げていたのです。

 事の発端は9月30日。シウォン家が飼っていたブルドッグが同じマンションの住人の足に噛みつき、それが原因で死亡する事態に。故人がソウルの老舗料理店の女主人で、ユチョン(元・東方神起)の親戚とあって、日本のマスコミでも大きく報じられました。

事件は起きるべくして起きた

 このイヌは日ごろからリードで繋がれることもなく、マンション内で野放しにされたことが確認されていたとのこと。しかもこのイヌ、シウォンだけでなく、SUPER JUNIORの他のメンバーも噛んでいたというから、ナチュラルに獰猛なんです。家族もイヌの噛み癖を認識していたというから呆れちゃいますね。こんな大ごとになる前に、きちんと対処していれば良かったのに、シウォン、そして彼の家族はまったくのスルーだったのです。

 ところが故人の血液から緑膿菌が検出されたことを根拠に、シウォンの父親は「イヌが噛んだことが直接の原因とは断定できない(故人が行った病院で感染したものでは、と推測)」という趣旨のコメントを発表。責任逃れとしてネットは炎上。

 そして、もうひとつ。このイヌはシウォン家にとって、“金のなる木”だったことがわかり、ますます火に油を注いでいます。

「シウォンの親族が運営していたサイト(現在は閉鎖中)で、イヌの絵がプリントされたマグカップやらシャツやら化粧品を売っています。イヌの名前はBUGSYで、シウォン・ファンならBUGSYシャツのひとつや2つは必携でした。とはいえ、事件後、人を殺めたイヌのシャツを着る勇気がある人はいないでしょうけどね(笑)。結局、イヌに厳しくできなかったのも、そのイヌが金を生んでいたから。彼は殺人犬で商売をしていたトンデモ・アイドルだった、というわけです」(韓流編集者)

 マグカップの中にはスターバックスに酷似しているデザインもあり、それもまた大問題化し、四面楚歌のシウォン君。果たして彼は再起できるのでしょうか?

佐々木薫:SUPER JUNIORのファンだっただけに、今回の事件を残念に思うK-POPファン。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの持つ感受性が注目される日。作品づくりをしてるなら発...もっと見る >