2017/11/10 15:00

天海祐希や中居正広の「誰とも住みたくない」非婚願望を信じようとしない世間のわずらわしさ

 女優の天海祐希(50)が、11月5日放送の『日曜もアメトーークSP』(テレビ朝日系)で、「家に人がいることが嫌」と発言し、「一人がいい」と連呼した。

 天海は過去にも「同じ空間に(他人が)いるとすごく気を使ってしまうんですよね。だったら本当に1人でいたい。気楽でいいですよね」と語っている。また、「お家に人がいるのが嫌」という理由で、「結婚はしない。興味がないんですよね」とも断言している。

 昨年も映画賞の授賞式で、出演作『恐妻家宮本』に絡めてマスコミに結婚について聞かれた際、「する気はありません。予定もありません。相手もおりません!」と即答していた。

 世間一般的に「ほとんどの女性が結婚願望を抱いている」というイメージが定着している。最近では『東京タラレバ娘』など、結婚や恋愛に焦るアラサー女子を題材にしたマンガやドラマの流行、婚活ブームなども影響しているのだろう。しかし、当然のことながら、天海のように結婚を望んでいない女性も存在する。

 結婚願望を持たない女性に対して「強がっている」「相手に求める理想が高すぎる」と、“本当は結婚したいはずなのに”という前提で嘆く風潮は根強い。また、天海のように才能ある人物である場合、「もったいない」という声も上がる。

 天海も江角マキコ(50)に『グータンヌーボ』(フジテレビ系)で「女の幸せは結婚。子供を産まないと何もわからないよ。急ぎなよ」と言われたり、坂上忍(50)に「こういう人(天海)をお嫁さんにしたら、絶対幸せな旦那さんになれるなと思ったら、まだ独身なんだよね」と言われたりしている。今年1月に『ボクらの時代』(フジテレビ系)に出演した際も、脚本家の遊川和彦(62)に結婚を勧められ、天海が「したい人はすればいいと思いますよ」と答える一幕があった。

 結婚は人生における“通過儀礼”のように扱われがちだが、「結婚する・しない」は個人の自由だ。今なお「女は結婚して家庭に入るべき」と他人の権利に口出ししたり、世間体を気にして結婚を促す親や親族もいるが、いずれも悪気がないぶん厄介だ。

 独身の女性をおしなべて「行き遅れたやつ」とみなす勘違いも蔓延っており、天海祐希のように「結婚に興味ない。する気もない」女性がいることはなかなか信じてもらえないようだ。女性に限らず、男性の場合も同様である。中居正広(45)もかねがね非婚希望者であることをネタにトークしており、「誰かと一緒に住みたくない」と天海に近い発言をしている。いっそ中居と天海で非婚トークを繰り広げたら、非婚者への誤解も少しはとけるのだろうか。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

好奇心のままに動きまわろう。興味のある所に顔を出すと、ワク...もっと見る >