2018/01/10 14:00

尼神インター誠子の「美男美女税」提唱に「美人とブスの格差はなくすべき!」と賛同するネットの声が怖い…!!

 尼神インターの誠子(29)が、ブスの立場から「美人とイケメンから美男美女税を徴収すべき」といった持論を述べた。

 1月7日放送の『ニノさん』(日本テレビ系)の討論バトル「論クラーベ」に登場した誠子は、「トータルでブスは損をしている」と語る。美人なら「奢ってもらえる」し、「なにもしなくても付き合える」が、ブスは「貢がないと(男性に)振り向いてもらえない」と熱弁した。

 続けて誠子は“ブスだから損をした”話として、男性に2万円の日本酒をプレゼントしたにもかかわらずフラれたということ、合コンで男性より多く支払ったこと、美人の友達とバイトの面接に行ったら、友達だけが採用されたといったエピソードを披露。美人とブスの生涯賃金の格差が「3600万円」あるというアメリカの研究結果を公開した上で、「ブスが損している分を美男美女から徴収して還元してほしい」「PASMOみたいな“BUSMO”を発行してほしい」と訴えていた。

 番組では美男美女側の苦労として「好きでもない人から好意を持たれやすい」「同性からねたまれる」などの例が挙げられたが、誠子は「この意見全部嫌い」「自慢やもん」「美人が上から言っている意見」と一蹴。誠子は“ブスより美人のほうが得をしている”と頑なで、「(ブスにはない)特権がほしい」「(ブスでも)何か得をしていると思ったらやっていける」とも話していた。

 誠子は双子の美人妹からイジメられていた、という過去を告白していて、その影響で今も美人との格差を感じているのかもしれない。だが、「美男美女税の導入」はいくらなんでも極論すぎるし、芸人としてのパフォーマンスもだろう。

 ところが、ネットでは「共感した」「誠子支持するわ」「ホント賛成」「ブスは金使わないと解決できないことがどう考えても圧倒的に多い」「ほんと美人とブスの格差はなくすべき」「美女とイケメンは人生得してる」「ブスは生涯損しかない」と、誠子に賛同する声が多数上がっている。

 「ブスはお金がかかる」という声が上がっているが、美人も美人なりにお金がかかっているだろう。そもそも、美人・ブスの基準はあいまいで人それぞれ。自分の不遇を「ブス」のせいにし、美人を勝手に妬むのは、卑屈すぎるのではないだろうか。

 結局のところ、誠子の持論に対して小倉優子(34)が言った「美人とかイケメンって、神様からもらった才能のひとつだと思うんです。『面白い(こと)』も才能のひとつ。『お金を稼ぐことができる』のも才能のひとつじゃないですか。だから、誠子さんには誠子さんにしかない才能がある」という言葉に尽きるのかもしれない。といっても、小倉は美しくてお金を稼ぐ能力も発揮している人であり、誠子側にとっては納得いかないのだろうが。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱい。行動的になればなるほど、ツキがまわってくるの...もっと見る >