2018/05/02 23:30

吉田羊の“魔性のモテ力”の数々!! 吉田剛太郎、春風亭昇太も「僕のこと好きだと思う!」

 4月30日放送の『しゃべくり007』(日本テレビ系)に吉田鋼太郎(59)が登場。前回出演した15年4月時はまだ結婚前で、一緒に登場した吉田羊(年齢非公開)を「ガチで口説いていた時」と告白した。結果的には「トドメの言葉を言おうとしていたんですけど、どうしても吉田羊さんが忙しくてその時間がなかったんですよ」と交際に発展しなかったことを悔しそうに語った。しかし吉田鋼太郎は、当時「絶対に羊ちゃんは俺に気があると思う!」と確信していたと言い、番組ではその理由を明かしていた。

 まず2人きりでバーで飲んでいた日のこと。吉田鋼太郎が「端でタバコを吸ってくるわ」と席を立とうとすると、吉田羊が「鋼太郎さんちょっと待って、全然いいよ私」「タバコの煙は私は嫌いだけど、好きな人の煙なら大丈夫だから」と引き止めたという。スタジオでは吉田鋼太郎が「これどう思います?」とレギュラー陣に振ると「脈ありそう」「それは勘違いする」と共感されていた。なお、吉田鋼太郎は吉田羊のその言葉に固まってしまったとのこと。

 そして、小栗旬(35)、ムロツヨシ(42)、吉田羊の4人で飲んでいた際、小栗が映画のロケで京都に行くと聞いた吉田羊は、「そうなんだ~、ねえ鋼太郎さん。一緒に京都行かない?」と誘ってきたそう。吉田鋼太郎は、「何のことかわからなくて最初……」とテンパりながら、「(鋼太郎)羊ちゃんと俺が一緒に京都行くの?」「(羊)そう」「(鋼太郎)2人で新幹線乗って?」「(羊)そう」「(鋼太郎)え、品川で待ち合わせて?」「(羊)そう」「(鋼太郎)あ~そうか、へ~。で、ホテルは?」「(羊)一緒でいいんじゃない?」「(鋼太郎)えっ! でも部屋は?」「(羊)もちろん部屋は別よ」「(鋼太郎)あ、あ、あ、そうだよね」と質問責めしてしまったという。なお、MCの上田晋也に「その時点で完全にエロいことを考えてましたね?」とツッコまれると、「それはもちろん!」と潔く認めていた。

 さらに別日には、また吉田羊含む数名で飲んでいた時に「羊ちゃんほんと綺麗だよね」「彼氏出来ないの?」という話になったそう。すると吉田羊は、「でもね、みんな本当に私のことは口説いてくれないの、口ばっかりで」と嘆き、「誰か私のこと口説いてくれないかなぁ」と伸びをしながら吉田鋼太郎の目を見てきたという。レギュラー陣に「それでどうしたんですか?」と聞かれると、「スルーですよ、スルー」「そんな、どうしていいかわからないじゃないですか!」とまたしても固まったことを明かした。なお、仲の良い若手俳優たちに吉田羊について「トータルしたら絶対に俺が好きだと思う!」と何度も相談したところ「鋼太郎さん、多分違うと思う」と否定されたとのこと。

 とはいえ、かねてから吉田羊はかなりの“モテ力”を披露してきた。2015年10月の「週刊朝日」(朝日新聞出版)にて作家・林真理子と対談した際、好みの男性像を「私、言葉を持っている人がいいんです。自分が言葉を知らないので、言葉を持ってる人に憧れるんです」と語り、「又吉(直樹)さんが好きで、芥川賞をとられる前から言い続けているんです」とピース・又吉直樹(37)への思いを告白。

 そして翌月、『ベストドレッサー賞』の授賞式に又吉直樹と吉田羊が同席すると、「今日は私の敬愛する又吉さんの隣に座れて、それだけで満足です」とコメント。その後、又吉直樹がクリスマスの予定がないことや、「ヒザから血が出ていても痛々しくない女性がタイプ」と明かすと「とりあえずヒザをケガする練習をしておきます。それで又吉さんが喜んでくれるならば」とアプローチを続けた。

 さらに翌日『VOGUE Woman of the year 2015』の授賞式にも2人揃って出席すると、腕を組んでレッドカーペットに登場。吉田羊は「自分が尊敬する方と肩を並べて歩く機会はみんなに与えてもらえることではないので、活動のご褒美として歩かせていただきました」と笑みを浮かべ、又吉直樹の魅力について「飄々としていて言葉が豊かなところが魅力的。自分が悩んだ時、思いがけない角度からアドバイスしてくれそう」とコメントしている。

 2015年5月放送の『ぴったんこカン・カン』(TBS系)に吉田羊が出演した際には、飲み友達だという落語家の春風亭昇太(58)も登場し、「多分、僕のことが好きなんだと思う」と語り、結婚の約束をしていることを告白。何でも、吉田羊はもともと昇太の大ファンだったそうで、偶然、同じ店で飲んでいることを知り、自ら声をかけたことがきっかけで仲良くなったという。そして後日、酒の席で「私が50歳になっても独身だったら『結婚しよっか』っていう話はしている」と明かした。これに昇太は「酔っていて覚えていない」と苦笑いを浮かべると、吉田羊は「50歳になっても独りだったら、最悪、昇太さんが貰ってくれる」と再度、念を押していた。

 容姿端麗で、男女ともに好かれるサバサバした雰囲気、そして男性が好意と勘違いしてもおかしくない発言をサラッと言ってのける吉田羊。彼女の本心こそ定かではないものの、“魔性の女”の素質があるようだ。

(夏木バリ)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人を仕切る立場にたちやすい日。でも自分は表に出ないほうが吉...もっと見る >