2018/07/08 16:00

乃木坂46最強の美貌・白石麻衣がCM女王に! ローラもTOP5入りでイメージ崩れず

 7月4日、「株式会社 エム・データ」が「2018年上半期TV-CMタレントランキング」を発表した。この中で「会社数ランキング(女性)」は、1位・乃木坂46の白石麻衣(25/15社)、2位・広瀬すず(20/13社)、3位・有村架純(25/12社)という結果に。また4位には11社に起用されたローラ(28)、川栄李奈(23)、渡辺直美(30)、綾瀬はるか(33)、乃木坂46西野七瀬(24)が並んだ。

 白石麻衣の大躍進が目立つ2018年上半期。彼女と契約を交わしているのは、「LINE」「アイアコーポレーション」「アイペット損害保険」「カゴメ」「クルーズ」「ソニー・ミュージックマーケティング」「ディップ」「ニベア花王」「ブランジスタゲーム」「ブルボン」「マウスコンピューター」「資生堂」「明治」「セブン-イレブン」「はるやま商事」の15社。業界を牽引するリーディングカンパニーから重宝されている他、多種多様の業種が揃っている。

 ちなみに2位の広瀬すずは、昨年の「上半期TV-CMタレントランキング」で首位を獲得した“元”CM女王。そんな彼女に差をつけることができたのは、“乃木坂46”というグループに所属していることも大きいかもしれない。白石麻衣が仕事を受けた15社のうち2社は、乃木坂46としての出演。これがなければ白石麻衣の契約本数は13社で、広瀬すずと同率になる。

 ラジオ番組『レコメン!』(文化放送)が今年発表した「女性アイドル顔だけ総選挙2018」でも、白石麻衣は1位を獲得。乃木坂46や欅坂46などの坂道グループは「AKB48選抜総選挙」に参加していないのが残念だが、白石麻衣が出場したらかなりの票を集めそうだ。

 今回発表されたランキングでもう1人注目したいのが、4位にランクインしたローラ。彼女は所属事務所「LIBERA」からの独立騒動以降、テレビ番組などへの出演が減り干され気味に。TOP5常連だった「ビデオリサーチ」の「タレントイメージ調査」でも、昨年8月のランキングでは20位に順位を落としている。

 しかし今年上半期は11社のCMに出演しているところを見ると、実際にはさほどイメージを落としていないことがわかる。今年4月にローラは事務所との“和解”を報告。TwitterとInstagramに「今回LIBERAとよく話し合い和解をしました。今後、海外ではWMEそしてIMGというエージェントと契約する事になりました。これからも沢山の夢を追いかけて頑張ろうと思います。今後ともよろしくお願いします」というコメントを投稿していた。

 下半期はどのようなタレントがTVCMに起用されるのか、今後の動向にも注目していきたい。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

伝統にまつわることにツキがあります。神社や仏閣に参拝したり...もっと見る >