2018/08/10 23:20

櫻井翔の“甘えん坊おじさん”っぷりにがっかり!? 会話を合わせる女子大生の「最高です」が物悲しい

 8月8日発売の「週刊文春」(文藝春秋)で、櫻井翔(36)の“新恋人”が報じられた。これによると、今度のお相手は有名私立大学に通う21歳の“A子さん”。また同誌では2人の“逢瀬”の様子が綴られているのだが、15歳年下の女性に対する櫻井翔のデレデレっぷりは、事実であるとすれば正直、「キモい」のではなかろうか。

 記事の中でA子さんの知人は、「初めは、櫻井さんの弟さんやA子の同級生なども一緒で、グループ交際だったんです。櫻井さんのほうが熱心にA子に会いたがって、『お土産渡したいから、ちょっと会えない?』とか誘われるようになった」と証言。どうやらスターである櫻井翔の方が、女子大生のA子さんに熱烈なアプローチをしているらしい。

 「週刊文春」が掲載した、高級蕎麦屋での2人の会話は、こうだった。「頼りがいのあるほうがいいんで、年上がいい(A子)」「頼りがいがないと嫌? 甘えん坊の年上は?(櫻井)」「それは……、最高です(A子)」「最高?(櫻井)」「うん、最高です(A子)」「くそ甘えん坊だから。甘える才能もあるんだよね(櫻井)」「最高です(A子)」。とりあえず、「最高です」と3回繰り返しているA子さん。さらにこの日は友人の男性も同席していたのだが、彼がラップを始めると櫻井翔も“サクラップ”ができるぞと対抗意識を示したという。彼女の前で、自慢のスキルを見せつけたかったのかもしれない。

 一方、ジャニーズ御用メディアである「女性セブン」(小学館)も、櫻井翔とA子さんの関係を記事化。ただしメインは、櫻井とテレビ朝日の小川彩佳アナウンサー(33)の破局についてであり、A子さんはファンにとって「思わぬ地雷」だと評している。事務所がA子さんと櫻井の関係を歓迎しているとは到底言えない様子だ。しかしアプローチしているのは櫻井のほうであり、地雷呼ばわりされたA子さんが気の毒である。

 櫻井翔といえばアイドルのみならずニュースキャスターとしても活躍しており、どちらかといえば“真面目”なイメージが浸透していた。後輩からの人望も厚く、上田竜也(34)や増田貴久(32)などからは“アニキ”と呼ばれることも。嵐の中でも、グループのまとめ役のようなポジションを確立している。

 2017年に「週刊ポスト」(小学館)が、小川彩佳アナとの熱愛を報道した際は、櫻井ファンの一部からは悲しみの声が上がったものの、大多数からは「お似合いのカップル」として受け入れられた。この2人は、年齢が近いだけでなく、“高学歴”“キャスター”と共通点も多い。少なくとも15歳年下女子大生よりは、ファンとしても納得のいくパートナーだったように思う。

 しかし櫻井が本当にA子さんに乗り換えて“甘えて”いるのだとしたら……ファンも彼に幻滅せざるを得ないのではないだろうか。それも高級蕎麦屋での会話を見る限り、A子さんが櫻井翔に無理して合わせているようにしか思えない。

 むしろA子さんは“ミスコン女王”とのことなので、36歳の甘えん坊こと櫻井翔よりも相応しい人がいるのではないだろうか。

(ゼップ)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ちょっとしたユーモアが幸運を招くカギ。まわりの人を笑わせて...もっと見る >