----------->> 紫外線ダメージを重ねた肌を徹底ケア!さらに楽天ポイント山分けキャンペーンも♪ <<-----------
2017/02/13 07:00

『3月のライオン』二海堂役はなぜ染谷将太に?キャスティング理由を直撃

染谷将太、まるで別人!/[c]2017 映画「3月のライオン」製作委員会
染谷将太、まるで別人!/[c]2017 映画「3月のライオン」製作委員会

羽海野チカの同名漫画を二部作で映画化する『3月のライオン』(前編は3月18日公開、後編は4月22日公開)。主人公・桐山零役の神木隆之介をはじめ、キャスティングのハマりぶりも大いに話題となっているが、そんななか最大のサプライズとなったのが、ふくふくムッチリ体型の二海堂晴信役を若手実力派の染谷将太が演じていることだ。撮影現場を訪れ、二海堂に扮した染谷の姿をのぞいてみた。

本作は、17歳のプロ棋士・零が近隣の町に住む3姉妹や数々の対局を通して成長していく姿を描く物語。二海堂は孤独を背負った零の“心の友”、そして“終生のライバル”を自称するキャラクターだ。難病を抱えながらも、汗をかきながら必死に将棋に取り組む姿や、零への接し方も温かく、原作ファンからも愛すべきキャラクターとして人気を誇っている。

撮影現場に入るや、おかっぱ頭の丸々と太った男性の後ろ姿を発見。彼が二海堂だろうとは思ったが、染谷とは納得できずに思わず二度見。特殊メイクを施し、見事に二海堂になっていた。待ち時間には、大友啓史監督から「これ、染谷くんじゃないよね」といじられ、染谷も爆笑。その笑い声は間違いなく、染谷のものだ。対局シーンでは、ムッチリとした腕を組んで熟考している姿がかわいらしくて印象的。また、キラリと光る瞳も忘れがたい。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

考えすぎて神経質になってしまいそう。周囲の影響にも敏感なの...もっと見る >