2017/02/21 17:50

C・フィッシャー、自らの死亡時期を予告していた?

キャリーは昨年12月、心臓発作で病院に搬送されたのち亡くなった/写真:SPLASH/アフロ
キャリーは昨年12月、心臓発作で病院に搬送されたのち亡くなった/写真:SPLASH/アフロ

『スター・ウォーズ』シリーズでレイア・オーガナを演じて一世を風靡したキャリー・フィッシャーは、自分が亡くなる時期を予告していたと英紙デイリー・メールが伝えている。

同紙によれば、デビューアルバム「バック・トゥ・ベッドラム」を米国で録音していた際、キャリーの家に居候させてもらっていたという英国人シンガーのジェームス・ブラントが、「キャリーは自分の死亡日を予測して書き残していた」と証言したそうだ。

「彼女は僕にとってアメリカでの母親のような存在だった。彼女はレイアを演じている自分の写真を切り取って僕の部屋の外に置き、自分の誕生日と死亡日を額の部分に書き込んでいた」「具体的な日付は覚えていないけど、今ごろだったと思う。『それは早すぎるよ』と思ったのを覚えている」とジェームスは話している。

ジェームスはロサンゼルスにあるキャリーの家に泊まっている間に、「バック・トゥ・ベッドラム」収録の曲を書きあげた。大ヒットした「Goodbye My Lover」は、彼がキャリーの家のバスルームで作った曲だという。

2人の友情はその後も続き、キャリーは1歳になるジェームスの息子の後見人にもなっていた。「悲しいのは、僕がもっとも素晴らしい人間の一人だと思う人を、息子は知れないということだ」「彼女は映画で華々しくカムバックして亡くなった。良い時期に旅立ったのではないかな」とジェームスは語っている。【UK在住/MIKAKO】

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの持つ感受性が注目される日。作品づくりをしてるなら発...もっと見る >