2017/02/24 15:36

生田斗真、トランスジェンダー役で女らしさを追求!

生田斗真がトランスジェンダー役を演じた『彼らが本気で編むときは、』/[c]2017「彼らが本気で編むときは、」製作委員会
生田斗真がトランスジェンダー役を演じた『彼らが本気で編むときは、』/[c]2017「彼らが本気で編むときは、」製作委員会

『かもめ食堂』(06)の荻上直子監督作『彼らが本気で編むときは、』(2月25日公開)で、トランスジェンダーという難役に挑んだ生田斗真にインタビュー。生田がイケメンオーラを封印して演じたリンコは、何とも柔らかな佇まい。オファーを受けた時、生田は「俳優人生においてとても大事な大一番となる」と思ったそうだ。

優しさに満ちたトランスジェンダーのリンコ(生田斗真)は、恋人のマキオ(桐谷健太)と仲良く暮らしていた。そこにマキオの姪である孤独な少女トモ(柿原りんか)がやってきて、3人の同居生活が始まる。

「日本映画全体で見ても、男がトランスジェンダーを演じた作品なんてそんなに聞いたことがないなあと。ある種リスキーな部分もあったので、崖の上から飛び込むような感じで『えいや!』と思って演じました」。

最初は「ものすごい挑戦になるけど、どうやってこの山を登っていけばいいのか」と頭を抱えた生田は、まず外見のアプローチから始めていったそうだ。「荻上監督から『ちゃんと女性に見えるようにしたい』と言われていたので、髪型や洋服、メイクは何度もスタッフと話し合い、クランクインぎりぎりまで試行錯誤を繰り返しました。髪の毛も最初はロングにしてみたんですが、ちょっと“夜の方面”にいく感じになり、最終的にはナチュラルな感じに落ち着きました」。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

自分の中の矛盾に葛藤しやすい日。考えすぎて疲れてしまいそう...もっと見る >