2017/03/03 12:47

マイケル・ファスベンダー、『アサシン クリード』で初めて大作を主演&プロデュース

『アサシンクリード』のマイケル・ファスベンダーを直撃
『アサシンクリード』のマイケル・ファスベンダーを直撃

『X-MEN』シリーズのマグニートーから、『SHAME -シェイム-』(11)のSEX依存症患者、『それでも夜は明ける』(13)の残酷な支配人に至るまで、体育会系・文化系・セクシー系問わずオールマイティにこなせる演技派スター、マイケル・ファスベンダー。今回彼が、世界的人気ゲームの実写映画『アサシン クリード』(3月3日公開)で初来日を果たした。

ファスベンダーが演じたのは、記憶をなくした死刑囚カラム・リンチ。遺伝子操作(アニムス)でDNAに眠る祖先の記憶を呼び起こされ、その記憶を追体験させられる。実はカラムの祖先は、ルネサンス期のスペインでテンプル騎士団と対立していたアサシン教団の一員だったのだ。彼は現在と過去を行き来し、歴史に隠された謎に挑んでいく。

メガホンをとったのはファスベンダーの主演映画『マクベス』(15)でも組んだジャスティン・カーゼル監督で、同作で共演したマリオン・コティヤールとも再共演している。「チームワークがすでにできあがっていたので本当にやりやすかったよ」と言うファスベンダーは、本作のプロデューサーも兼任した。「以前もう少し規模の小さい映画をプロデュースしたことはあったけど、これだけの大作のプロデューサーを務めるのは初めての経験で、すごく学ぶことが多かった」。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの持つ感受性が注目される日。作品づくりをしてるなら発...もっと見る >